車・バイク Feed

2010年2月26日 (金)

「恥を知れトヨタ!」証言に疑問噴出 時速160キロで携帯って…

 トヨタの大量リコール問題で、米下院の公聴会に出席した米国人女性の証言に疑問の声があがっている。女性が全世界に向けて「恥を知れ、トヨタ!」とののしったトヨタ車は事故後、修理せずに転売され、その後は一度もトラブルなく走り続けているというのだ。専門家らも、証言のような制御不能状態に陥ることはあり得ないと首をかしげている。

 23日の公聴会に出席したテネシー州在住の元社会福祉相談員、ロンダ・スミスさんは、2006年10月、自宅近くの高速道路で「レクサスES350セダン」を運転中にブレーキが利かなくなり、時速160キロにまで急加速した状況を次のように語った。

 (1)走行中のレクサスが加速開始(2)ギアを「ニュートラル」に入れても減速せず、「リバース」には入らない(3)サイドブレーキも機能せず時速145キロに(4)「ガードレールか木にぶつけて止めるしかない」と考えた(5)時速160キロに達し、夫に「最後の電話」をした(6)その後、特に新しいことをしないうちに徐々に減速(7)時速53キロに落ちたところで、中央分離帯に寄せてエンジンを切った。

 この証言内容について、「自動車用半導体の開発技術と展望」の著書がある鷲野翔一・前鳥取環境大教授は、「高速走行中のギアがリバースに入らないのは安全上の構造で、同じ理由でサイドブレーキも機能しない」と前置きし、こう語る。

 「ブレーキを踏み込めば、アクセルの電子制御スロットルが全開でも構造的にスピードは落ちる。万一、電子制御システムがブレーキを認識しないエラーを起こしたとしても、ギアをニュートラルに入れれば動力が伝わらず、やはりスピードは落ちる。ここでもエラーが起きたとしたら、それぞれ独立しているアクセル、ブレーキ、ギアのすべての系統で同時多発的にエラーが起きたことになる。これは天文学的な確率です」

 ここでいう電子制御スロットルはレクサスなど一般車に標準装備されているほか、現在は大型旅客機などにも搭載されているという。

 160キロまで加速したとの証言自体にも疑問はある。吉岡聡・京都コンピューター学院自動車制御学科主任講師は「コンピューターである以上、不具合の可能性はゼロではない」としつつも、「それを想定して自動車には二重三重のガードが組まれている。今回のようにアクセルを踏んでいないのに160キロまで急加速する異状が起きたら、エンジンが停止してしまうはず。電子制御システムは10年以上前から各自動車メーカーが採用していますが、こんな事例は聞いたことがありません」と話す。

 そもそも、そんなパニックの中でどうやって携帯電話をかけたのかもよく分からない。女性は問題のレクサスを3000マイル運転した後に転売したが、その後の持ち主は走行距離が2万7000マイルに達した今も大きなトラブルは起こしていないという。

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/headline/detail/fuji-zak20100226008/1.htm

2009年12月20日 (日)

スズキ「アルト」

Biz0912201201004p7

 スズキの軽自動車の主力車種「アルト」が燃費を向上させて、5年ぶりにフルモデルチェンジした。使い勝手の良さと経済性が“売り”としたアルトの7代目。全世界で1000万台を販売し、スズキのシンボルともいえるクルマだ。開発を担当した第一カーラインチーフエンジニアの荒川甚憲(やすのり)氏(42)に、“小さな軽”に込めたたっぷりの思いを聞いた。

 --スズキにとってアルトの位置づけは

 「スズキの軽自動車のベースとなったクルマだ。低価格帯を支え、スズキを背負っているクルマといえる」

 --燃費向上をどう図った

 「二輪駆動の場合、先代アルトはガソリン1リットル当たり21・0キロだったが、新型は24・5キロに向上した。大きな要因の1つが、ボディーの軽量化だ。高張力鋼板の使用部分を増やし、約10キロ軽くした。また全車にVVT(可変バルブタイミング機構)エンジンを搭載したことで、トルクの向上とともに燃費改善にも貢献できた。副変速機付きCVT(無段変速機)も採用し、全グレードでエコカー減税対象になった」

 --軽自動車はハイブリッド車(HV)などに顧客がシフトし、厳しい市場環境にある

 「軽自動車は、身近なクルマとして位置づけなければいけない。燃費も向上させないといけないが、同時に低価格でなければ軽自動車とはいえない。たとえばアイドリングストップ機能を採用すると、燃費は向上するが、価格も高くなってしまう。目標としてはリッター30キロを実現したいと考えているが、軽自動車のユーザーが、HVと同等の30キロを超える燃費を必要とするのか、今後の検討課題だ」

 --デザインの特徴は

 「アルトの使命は幅広い人に支持されること。フロント周りが丸くてかわいらしさをアピールするだけではなく、適度なスタイリッシュ感も兼ね備えた。先代モデルは、女性に好まれるデザインだったが、新型では男性層を含めた全方位を取り込むことができるように、車体の左右にウェッジを効かせたプレスラインをつけた」

 --インテリアもデザイン性にこだわったようだが

 「ベージュとブラウンのツートーン内装で明るくて若々しいイメージを持たせた。インパネ中央部はサークル状のフォルムにして、それぞれの機能を色分けして使いやすくした。速度や燃費などが一目で確認できるグラフィック性の高い大型メーターを採用した」

 --新しいプラットホームを採用している

 「新型アルトで採用したプラットホームは昨年のワゴンRなどに次ぐ3車種目。先代アルトと比べてホイールベースや室内高を広げた。荷室も大型ベビーカーが収納できる大きさに設定している」

 --軽自動車のラインアップの中でどう棲み分けていくのか

 「アルトはどちらかといえば、個人ユーザーが中心。家族でどこかに行こうという際に使うクルマとは違う。日常的な通勤や送り迎え、買い物など身近で使えるクルマだ。一方、ワゴンRは子供がいるファミリー層が中心で、ラパンは若い女性向けだ」

 --今後の軽自動車の向かう先は

 「小型化、経済性の高さが求められる中、室内スペースの問題がついて回る。本当に必要なパッケージングを見定める必要があるだろう」

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/economy/business/091220/biz0912201201004-n1.htm

2009年12月 8日 (火)

アストンマーチン ラピード

B1b8d81be0264da8a43cb36396abe30b

アストンマーチンは4日、新型車『ラピード』(RAPIDE)の価格を発表した。英国では13万9950ポンド(約2100万円)からの設定で、デリバリーは2010年4月ごろ開始される。

新型ラピードは、9月のフランクフルトモーターショーでデビュー。アストンマーチンにとって久々の4ドアモデルで、世界で最もエレガントで機能的、ラグジュアリーな4ドアスポーツカーをテーマに開発された。

外観は、『DBS』や『V8ヴァンテージ』などと同様に、ひと目でアストンマーチンとわかるアイデンティティを保ちつつ、クーペのように流麗なフォルムを持つ4ドアボディを構築。ボディサイズは全長5019×全幅2140×全高1360mmで、ポルシェ『パナメーラ』(全長4970×全幅1930×全高1417mm)と比較すると、ラピードは49mm長く、210mmワイド、57mm背が低い。

エンジンは『DB9』と基本的に共通の5935ccのV12で、フロントミッドシップにレイアウト。最大出力477ps/6000rpm、最大トルク61.2kgm/5000rpmを引き出す。トランスミッションは「タッチトロニック2」と呼ばれるパドルシフト付きの6速AT。0‐100km/h加速は5.3秒、最高速は303km/hと、4ドア屈指のパフォーマンスを発揮する。

独立4シーターのキャビンは、レザーやウッドなど最上の素材を厳選し、非常にラグジュアリーな世界を表現。バング&オルフセン製オーディオや後席用のツインDVDスクリーンなどを装備し、快適な移動空間を演出する。

新型ラピードは、エンジンをアストンマーチンの英国工場で、1基1基ハンドメイド生産し、車両の最終組み立ては、オーストリア・マグナシュタイア社のグラーツ工場に委託。年間生産台数は、約2000台を計画している。

(MSN自動車、http://car.jp.msn.com/new/news.aspx/root=au002/article=18529/

2009年12月 7日 (月)

新型HV専用モデル「SAI」発売

Biz0912071053004p2

 トヨタ自動車は7日、セダン型の高級新型ハイブリッド車(HV)「SAI」(サイ)を発売した。同社としては、トヨタブランドの「プリウス」、レクサスブランドの「HS250h」に続く3車目のハイブリッド専用車。すでに10月20日から予約受注を始めており、受注件数は1カ月で、月間販売目標(3000台)の4倍以上となる1万4000件を突破した。

 低燃費、低価格であることや、政府のエコカー減税対象として約24万~28万円の“値引き”が受けられることが主な理由。このほか、政府の新車買い替え補助制度がもともと来年3月に廃止される予定だったため、12月の正式発売後の購入では適用を受けるのに間に合わないとみて、駆け込みで予約受注が殺到したことも大きそうだ。

 SAIの名前は、上質な仕上がりを示す「彩」と、性能の優秀さを示す「才」からとっている。おもな客層のターゲットとして中高年を設定。プリウスやホンダの「インサイト」などのHVように、若者受けするハッチバック式ではなく、「中高年層に好む人が多い」(関係者)という、後部にトランクルームが突き出した伝統的なセダンの形をとった。

 総排気量は2400cc。燃費は1リットル=23キロで、同クラスのセダンのガソリン車と比べると、2倍の数値。コンパクトカー並みの燃費を実現した。

 素材面でも環境への配慮を重視しており、石油由来ではなく、一部または全部にケナフやひまし油などの植物素材を使った「エコプラスチック」を室内面積の60%に使用。車のライフサイクル全体で見た場合の二酸化炭素(CO2)の排出量を抑えた。このほか、居住空間をできるだけ広げたほか、静粛性も増し、高いレベルでの乗り心地を実現している。

 生産はトヨタ自動車九州(福岡県宮若市)が担当。モデルは全部で4通りあり、価格は338万~426万円とした。200万円台が中心となっているプリウスと、400万円台が中心となっているHS250hの中間価格帯を抑える形となり、トヨタは、多様なニーズにこたえるHV戦略を進める考えだ。

(産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/economy/business/091207/biz0912071053004-n1.htm

2009年11月20日 (金)

デンマーク初のスーパーカー…最高速375km/h

1c563a415afc4b51892ad5eec7263242 Efd73c9505e54b8a88638ed6d7900371 42d6ee601584484092567d75e54ef2e1

デンマークのZenvoオートモーティブ社は、『Zenvo ST1』の詳細と追加写真を公開した。7.0リットルV8は、ターボとスーパーチャージャーでダブル過給。最大出力1104ps、最大トルク145.8kgm、0-100km/h加速3秒、最高速375km/hと、すべての性能が驚異的だ。

Zenvoオートモーティブ社は、デンマーク・コペンハーゲン近郊に本拠を置く小さなメーカー。2004年から、デンマーク初のスーパーカーの開発に取り組んできた。そして昨年12月、Zenvo ST1の写真を初公開。それから1年を経た今回、さらなる詳細を明らかにした。

ミッドシップに置かれるエンジンは、GM製の7.0リットルV8をベースに、ターボとスーパーチャージャーでダブル過給。最大出力は1104ps、最大トルクは145.8kgmと、途方もないパワーを絞り出す。エンジンスペックに限れば、ブガッティ『ヴェイロン』の8.0リットルW16気筒ターボ(1001ps、127.5kgm)さえ上回る。

トランスミッションは6速MT。0 - 100km/h加速は3秒で駆け抜け、最高速は375km/hに到達する。燃料はガソリンとE85バイオエタノールの両方に対応させた。

大胆にエッジを効かせたフォルムは、既存のスーパーカーにはない斬新なデザイン。ボディサイズは全長4665×全幅2041×全高1198mm、ホイールベース3055mmだ。スチール製スペースフレームにカーボンファイバー製ボディを載せる手法により、車重は1376kgと軽量に仕上げられた。

Zenvo ST1は、ハンドメイドでわずか15台のみを生産。価格は公表されていないが、127万ドル(約1億1300万円)程度と見られる。Zenvoオートモーティブ社は今後3年間に、3つのスーパーカーを投入する計画。富裕層へのアピールを強めている。
(MSN自動車、http://car.jp.msn.com/new/news.aspx/root=au002/article=18165/