住まい・暮らし Feed

2010年8月25日 (水)

足元の成長率鈍化は日本の地位が急落する前兆?

 今年4-6月期のドル換算のGDPで、ついにわが国は中国に抜かれた。「中国のGDPは、今年中にわが国のそれを追い越す」と言われてきたことが、いよいよ現実味を帯びてきた。

 それに伴って、最近“ジャパン・アズ・ナンバー3”という表現をよく見かける。経済規模で見ると、米国、中国に次いで、わが国が世界第3位という意味だ。

この表現を見ると、1979年、ハーバード大学のエズラ・ボーゲル教授が、著書で『ジャパン・アズ・ナンバー1』と書いたことが、ずいぶん遠い昔のように感じられる。

 ただ、冷静に考えると、わが国の10倍の人口を誇る中国の経済規模が、わが国のそれを上回ることは、ある意味、それほど大きな問題ではない。

 1人当たりの付加価値ベースで見れば、依然わが国の方が中国の水準を凌駕しているからだ。安定成長期に入ったわが国の経済成長率と、「昇る日」の勢いとなっている中国経済の伸び率を比較すれば、いずれかの段階で中国がわが国を追い越すことは、むしろ当然の結果と言えるだろう。

 それよりも、注目すべきポイントは、わが国自身の現状だ。1990年初頭に資産バブルが崩壊した後、わが国経済の低迷は長期化した。その間、人口減少や少子高齢化などの問題が顕在化していることもあり、ほとんど名目ベースのGDPは増加していない。

 つまり、我々が肌で感じる経済は発展していないのだ。労働者の給与や企業の収益は、名目ベースで上昇していないのである。

 それに伴い、わが国社会全体に閉塞感が漂い始めている。経済専門家の中には、「日本は典型的なNDC(Newly Declining Country・新衰退国)ではないか」と指摘する声もある。わが国は、このまま奈落の底に落ちてゆくのだろうか。

続きは ダイヤモンドオンライン で(http://diamond.jp/articles/-/9155?page=2

(NIFTYニュース、http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/diamond-20100825-05/1.htm

2010年8月 5日 (木)

ケチ自慢300人にインタビューした著者が語る、ケチの極意

倹約家、節約上手、ケチ...。

表現は様々あれど、無駄を省いて、出費をできるだけ抑えることを実践している人がいます。彼らには、何かしらの共通点はあるのでしょうか? このテーマについて、ファイナンス系メディア「Daily Finance」が専門家にインタビューしています。

Jeff Yeager氏は、300人以上の「自称ケチ」さんたちにインタビューを行い、この内容を著書『The Cheapskate Next Door: The Surprising Secrets of Americans Living Happily Below Their Means』にまとめました。そんなYeager氏が、ファイナンス系メディア「Daily Finance」で行ったインタビューを通じて、多くのケチさんから学んだポイントを語っています。

まず、Yeager氏が驚いたのは、ケチさんの多くは、お金のためにケチケチ生活をしているわけではないということ。宗教的信念や環境意識など、より大きな信念を持ち、人生には、お金やモノより大事なものがたくさんあることを自覚しながら、クリエイティブな工夫を凝らして、そのライフスタイルを営んでいるそうです。

また彼らは、自分が本当に求めているものが何たるかを知り、それ以外のものは無視できるとか。ゆえに、住宅ローン以外の債務を抱えている人は、5%程度だったそう。中古品を利用する傾向も見受けられたようですが、新品よりも割安だという理由のみならず、むしろアンティーク家具や車などでは、今後、さらに価値が上がりそうなモノを見越して今買っておく、というツワモノもいたそうです。

社会学の観点からは、これまでも「一定レベルを超えると、より多くのお金とモノを持つことは、必ずしも人々の幸せにつながらない」ことが指摘されていますが、実際、ケチさんたちの幸福度はどうなのでしょうか?

Yeager氏は、この点についても調査。その結果、米国人は通常、自分が購入した物品の80%に対して、何らかの後悔の念を持つそうですが、ケチさんたちは、その割合がわずか10%程度だったとか。つまり、ケチな人のほうが少なくとも、買い物に対するストレス度は低いようです。また、Yeager氏がインタビューした人の90%が、「普通の人よりも自分のほうが、お金にまつわるストレスが少ないと思う」と答えたそうです。

自分にとって、必要なものとそうでないものをきちんと自覚し、創意工夫で生活をより便利に豊かにすることこそ、ケチの極意であり、ライフハックの真髄かもしれませんね。

「ちょっとケチの垢でも煎じて飲んでみようかな...」と感じている方は、ライフハッカーアーカイブ記事「ケチな(自称)Kenさんが伝授する、上手なお金の使い方」なども実例として、参考にどうぞ。

The Cheapskate Next Door: Author Jeff Yeager Shares Secrets of Happiness [DailyFinance via The Consumerist]

Kevin Purdy(原文/訳:松岡由希子)

(MSNトピックス、http://topics.jp.msn.com/digital/lifehacker/column.aspx?articleid=358941

2009年12月26日 (土)

ハトヤマさん一家の暮らしどうなる 

 25日に閣議決定した平成22年度予算案。一般会計総額は過去最大の92兆円を上回った。この予算で私たちの生活はどう変わるのか。今年活躍した有名人と同姓同名のハトヤマさん一家の暮らしからみてみよう。

 「たまにはみんなで旅行するのも悪くないね。久しぶりに孫の顔もみられてうれしいでしょう」

 ユキオさんは、母親のミツコさんに声をかけた。妻のミユキさん、中学3年のイチロー君、小学5年のサクラちゃんの家族5人での温泉旅行。ふだんは別居する母親を連れた旅行は初めてだ。

 「どういう風の吹き回し? 何か魂胆があるんじゃないの」。今まで、あまり連絡すらよこしたことのないユキオさんの接待にけげんそうに訪ねた。

 「魂胆なんて…。あまり親孝行していなかったからね」と、作り笑いをするユキオさん。母親の問いかけは図星だった。言葉に詰まるユキオさんに業を煮やしたミユキさんが割って入った。

 「もうあなた。はっきりしないんだから! 実は、お母さん、子供も大きくなってマイホームを購入しようと思っているんです。お義母さんに協力してもらいたくて…」

 ユキオさんの会社は不況でボーナスは激減。マイホーム購入の計画は大きく崩れしまった。せっかくの〔1〕「子ども手当」もイチロー君が中学を卒業してしまうため、恩恵を受けられるのはサクラちゃんの分だけ。最近はやりのゴルフ教室に通わせており、家計はさらに厳しさを増すばかり。

 今回の旅行も費用を安くしようと、レンタカーを借りて〔2〕高速道路の料金無料化の対象路線に近い温泉を選んだ。「ガソリン税の〔3〕暫定税率が廃止されていれば安く済んだのに」。ユキオさんは、残念に思っている。

 〔4〕住宅購入時の贈与税の非課税枠が拡大された。夢の実現には、都心に代々続く実家を守り、生活に困らない程度の資産を持つミツコさんに頼るしかないと考えたのだ。

 だが、ミツコさんの答えは冷たかった。「ちょっと困るとすぐこれだ。私は〔5〕埋蔵金じゃないからね」とあしらわれてしまった。

 その様子をみたイチロー君は「おばあちゃん。うん、といってよ。〔6〕公立高校の授業料が無償になるから、野球の強い公立高校に入れるようがんばるから」と助け舟を出した。サクラちゃんもミツコさんの後ろに回り、「怒らないで」と肩をもんだ。

 孫には弱いミツコさん。「仕方がないね」と受け入れた。

 ミツコさんの言葉にほっとしたユキオさんは、〔7〕たばこに火をつけた。すると、ミユキさんが声をかけた。「そんなに吸っていられるのも夏くらいまでよ。一箱100円も上がるのだから」

 「わかった。これからは1日1箱を2日で1箱に減らすよ。これはパパの〔8〕マニフェストだ」

 その言葉に、たばこ嫌いのサクラちゃんがものすごいけんまくで語った。

 「なぜ2日で1箱なんですか! ゼロじゃだめなんですか! これからは無駄な出費を厳しくチェックしますからね」

 サクラちゃんの問いつめる姿は、〔9〕事業仕分けで官僚を責めた女性議員のよう。「うちにはもっと怖い仕分け人がいたんだ」。もう少し友愛の精神を…。ユキオさんは思わずつぶやいた。

 〔1〕子ども手当 マニフェストの目玉施策の1つ。子育て支援のため、中学生までの子供1人当たり月額2万6千円を支給する(22年度は半額支給)。

 〔2〕高速道路料金の無料化 自動車ユーザーの多い地方の活性化を目指し、段階的に実施する。

 〔3〕暫定税率 ガソリン税や軽油引取税などについて税法上の特例で上乗せされる税率。ガソリンの暫定税率は1リットル当たり約25円。22年度税制改正で廃止されるが、税率は維持される。

 〔4〕住宅取得の促進税制 住宅取得購入資金の親などからの贈与の非課税枠を500万円から22年中は1500万円に拡大する。年間所得2千万円以下が対象で、2年間の時限措置。

 〔5〕埋蔵金 基金や特別会計の剰余金と積立金の取り崩しで生まれる財源。行政刷新会議の実施した「事業仕分け」では1兆円程度が“発掘”された。

 〔6〕高校無償化 公立高校は授業料をなくし、私立高校生のいる世帯に公立の授業料相当額(年12万円)を補助する。

 〔7〕たばこ税 来年10月から現行の1本当たり約8・7円から3・5円引き上げる。たばこ会社の利益などが上乗せされ、1箱(20本入り)300円の銘柄は400円になる見通し。

 〔8〕マニフェスト 選挙公約が「目標」に近いのに対し、マニフェストはより具体的に政策の達成時期や財源、実現方法まで具体的に示すのが特長。

 〔9〕事業仕分け 行政の無駄削減の手法で、事業の必要性を外部の目を入れて公開の場で検証し、選別する。政府の行政刷新会議が22年度予算の概算要求の見直しで導入した。

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/091225/fnc0912252253032-n1.htm

2009年11月30日 (月)

もしも妻がいなくなったら!?

 いつもの通り帰宅してみたら……妻の姿がない!?

 そんな場面をリアルに想像できるだろうか。だが、父親なら誰しもシングルファザーとなる可能性は皆無ではない。2005年の国勢調査によれば、父子世帯(祖父母などとの同居は含まない)は9.2万世帯。約75万世帯の母子家庭に比べれば少ないため、これまでさほど注目されてこなかった。

 とはいえ、2000年の同調査では父子家庭は8.7万世帯。じりじり増え続けていることがわかる。とくに30~40代と比較的若い世代で多く、2005年調査では、最多の40代が4.2万世帯。次が30代で2.3万世帯だ。

 なぜ、父子家庭が増えているのか?

 背景として考えられるのは、まず離婚自体が増加傾向にあることだろう。もうひとつは、同棲カップルの増加だ。

 前出の調査では、父子家庭のなかでも「未婚の父が」目立って増えており、1.3万世帯から1.9万世帯と、5年間で43.6%も伸びている。とくに20代後半では2倍に急増。「できちゃった婚」ならぬ「産んじゃった破局」が広がっているのだ。経済的に恵まれない若者が増える時代、結婚したくても親の許しが得られない、就職できずあきらめざるをえない、といったカップルは少なくないだろう。

 夫婦があたりまえに子どもを育てることさえ難しい現代。ある日突然、妻がいなくなったら――翌日からどんな生活が父子を待ち受けているのか。父子家庭の現場に聞いてみた。

「申し訳ありませんが、今日で退職させてください」

 宮原礼智さん(37歳)が上司にこう切りだしたのは、妻が出て行った翌日のことだった。

「勤め先は広告代理店。文字どおりの仕事人間でしたよ。毎日夜中まで残業、残業。子育ても家事も妻に任せきり。今思えば、彼女もギリギリだったんだと思います。だけど、3人の子を残して出て行ってしまった、とわかったときは、頭が真っ白になりました。なにしろ長男は7歳、次男は4歳、末の娘はまだ1歳。ようやく離乳食を口にするようになったばかりで、オムツも外れていなかった」

続きは ダイヤモンドオンライン で

http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/diamond-20091130-07/1.htm