美容・健康・ダイエット Feed

2010年7月28日 (水)

鉄剤とお茶の組み合わせはNGだったが…

「あ、ダメダメ! ちゃんとお水で飲まないと効果がなくなるよ」

つい先日、花粉症用の鼻炎薬をお茶で飲もうとしたら、その場に居合わせた友人にそうたしなめられた。

確かに、水以外のもので薬を飲むと効果がなくなるというのは、幼いころからなんとなく耳にしてきたことではある。けど、それって本当なのだろうか? 医療ジャーナリストにして医学博士の森田豊先生に聞いてみた。

「確かに以前は、薬の中でも鉄剤(貧血治療用の薬剤のこと)について、お茶に含まれるタンニンが鉄分の吸収を抑制してしまうといわれていました。ところが近年になって、お茶に含まれるタンニンは少量で、そのような影響があるわけではないことが判明したので、気にする必要はない、というのが最新医学の常識となっています」

実際、森田先生もわりと最近まで、患者さんに「鉄剤はお茶で飲まないように」と指導していたそうだが、現在は定説の刷新に合わせてあらためているという。ただし、水以外で飲んではいけないケースもあるので要注意だ。

「たとえばニキビ治療などに使われるテトラサイクリン系の抗生物質は、カルシウムによって吸収が妨げられますから、牛乳で飲むと効果が薄れます。また、R25世代にとってはまだ縁遠いかもしれませんが、高血圧治療薬をグレープフルーツジュースで飲むのもいけません。これはグレープフルーツに含まれるバイオフラボノイドという成分が、高血圧治療薬の代謝分解を抑制するためです」

ちなみに筆者の個人的な体験でいえば、風邪薬をビールで飲んで激しい頭痛を引き起こしたことがあるのだが、これについては「薬以前に、体調の悪い時の飲酒が良くない」(森田先生)ということらしい(当たり前か…)。理論上は、一般的な風邪薬や頭痛薬であれば、お茶、ジュース、コーヒーはもちろん、ビールなどアルコールで流し込んでも、必ずしも害があるとは限らないのだそうだ。

とはいえ、薬の成分によってどんな影響が出るのかは素人には判断できないので、これはどうしても水が手に入らない場合の急場しのぎと心得ておくべきだろう。「薬は水で飲む」というルールを守っておくに越したことはないのだ。
(R25編集部)

(MSNトピックス、http://topics.jp.msn.com/life/article.aspx?articleid=349610

2010年7月21日 (水)

眠りへ誘うヒント

2c6a07f5e661a9c41b4662d34df2

睡眠には深浅があり、およそ90分周期で繰り返している。つまり、寝付いてから約90分間隔で、眠りが浅いタイミングが来る。以降このリズムが繰り返されるのだ。
この眠りが浅いポイントで起きれば目覚めがすっきり。快眠に一歩近づくだろう。

ほかにも効果的なところでは、

・ 起きる時間を一定にする
・ 昼間の活動量を増やす
・ 朝はたっぷり朝日を浴び、夜はできるかぎり
  ライトダウンする
・ 就寝前のアルコールやカフェインは控える

といった方法がある。なかでも重要なのは、睡眠時間にかかわらず起きる時間を一定にすることだ。宵っ張りの朝寝坊はこの方法で回避できる。それでも眠れないときにはとっておきのこの方法が便利。

・ ベッドから一度出る
・ 眠ることをあきらめて好きなことをする
・ いっそ、眠る環境を変える

一見、眠りを否定しているようだがそうではない。“眠れない”を意識しすぎないためにも有効な手段なのだ。ときには「寝なくても死なない」くらいの気持ちで、どっしり構えよう。

(MSNビューティスタイル、http://beautystyle.jp.msn.com/healthcare/feature/1006sleep_article4.aspx?cp-documentid=3981818

2010年7月20日 (火)

「水太り」の正体を解き明かす

夏本番による暑さで水分ばかりを多めに摂る日々が続きますが、そんな季節だからこそちょっと気になる言葉があります。「水太り」です。

一般的には体がむくんで体重が増加する状態を指すようですが、カロリーゼロの「水」と「太る」という概念がなぜ結びつくのか不思議なものです。「All About 家庭の医学」でガイドも務める臨床検査専門医の西園寺 克先生によれば、「水には熱量がないので飲水しても太ることはありませんし、医学的にも『水太り』という用語はありません」とのこと。では世間的に「水太り」とされている現象は一体…?

「多くの場合、起床時における体全体の“むくみ”を指します。体内では老廃物排出を目的に1時間に約60ミリリットルの尿が作られますが、膀胱に溜められる量は200ミリリットル程度。そうなると、睡眠中も排尿が必要になりますよね? それを防ぐため、睡眠中は腎臓が老廃物の排出を調整しています。それにより、一時的に尿として出るべき水分が体内に溜まり、寝起きはむくむのです」

では、起床時に排尿すれば解消されると?

「起床後一度目の排尿で余分な水分をすべて排出できるわけではありませんが、排尿を重ねるごとにむくみは解消されていきます」

ちなみに体のむくみって女性が気にする印象がありますが、男女差はあるのですか?

「女性は性周期により一時的に水分が体内に留まりやすい期間がありますが、基本的には大きな男女差はありません。また、起床時に顔が特にむくむイメージが強いようですが、それは変化に気づきやすい部位だから。日常的に足がむくむという人についていえば、それは血流の悪化によるもので、ここでいうむくみとは別物。いわゆる『水太り』的なむくみは自然現象なので、体に悪影響はありません」

なるほど。それなら水太りって気にすることはなさそうです。ちなみに顔のむくみを早く取る方法はなく、利尿を待つだけだそうです。デートの日などは、朝のおしっこを忘れずに!
(下元 陽/BLOCKBUSTER)
(R25編集部)

(MSNトピックス、http://topics.jp.msn.com/life/article.aspx?articleid=340626

2010年7月19日 (月)

20分以上の有酸素運動でなければ脂肪は燃えない?

■有酸素運動と無酸素運動

 運動には「有酸素運動」と「無酸素運動」があります。この表現では有酸素運動は酸素をたくさん必要とし、無酸素運動は酸素をあまり必要としない運動と思われるかもしれませんね。

 運動時に使われるエネルギー源の種類(糖質や脂肪など)や強度によって、酸素が使われる比率は変わりますが、同じ運動である以上、どちらの運動も一定量以上の酸素を使い、体内の脂肪もエネルギー源として使われています。

・代表的な有酸素運動……ウオーキング、ランニング、サイクリング、水泳など
・代表的な無酸素運動……短距離走、重量挙げ、ウエイトトレーニングなど

■続けて20分以上という時間にこだわらない

 誤解されやすいのは、「有酸素運動を20分以上行わなければ、体内の脂肪は使われない」ということ。やせたい場合は一定時間以上の運動を奨められることが多いと思いますが、実はこれには誤りがあるのです。

 エネルギー源として使われやすい糖質とは違い、脂肪は体内での保存され方が複雑でエネルギー源として使われるまでに時間がかかるため、このような誤解を生まれてしまったのかもしれません。

 確かに運動のはじめは食品から摂った糖質がエネルギーとして使われやすく、運動を続けていくことで徐々に脂肪がエネルギー源として利用されていきます。とはいえ、運動開始から20分までのエネルギー源が糖質のみ、それ以降は脂肪のみというように、はっきり分けられているわけではないのです。運動開始直後でも脂肪は使われますし、20分以上の運動でも糖質は使われます。

 どのエネルギー源が利用されるかは、時間だけではなく「運動強度」の影響も大。強度が強い運動はより多く糖質を使い、長く続けられるような強度の弱い運動は脂肪を多く使う傾向があります。

 このように糖質と脂肪の利用量から考えてみると、20分という数字にこだわる必要はあまりないのです。10分の運動でも脂肪をエネルギー源として消費することは可能です。脂肪の分解が高まって活発に利用されるまでにはある程度の時間がかかるので、「20分」という数字ばかりが強調されるようになったのかもしれませんが、少しずつ細切れに運動を続けることも決して無駄ではありません。

■細切れ運動で効果的に脂肪を燃やす方法

 溜まった脂肪を減らしたいなら、細切れでもよいのでより多く運動をすることが大切。また、改まった運動という形にこだわらず、日常の活動量を増やしていくことも効果的です。日常生活のほんのちょっとした行動の差が、活動量を増やすことにつながります。

<買い物編>
・車で買い物に行くところを自転車にする、自転車に乗っていたものを徒歩にする
・車の駐車場を建物から少し遠いところにとめて歩く距離を増やす
・階段とエスカレーターがあれば、階段を選ぶ
・重い荷物を手持ちではなく、リュックサックなどに入れて歩く
・効率よく買い物するのではなく、時にはいろんなフロアを見て歩く(ウインドーショッピング)

<通勤編>
・上り階段は一段飛ばして大またで歩く
・通勤帰りは一つ手前の駅で下車して歩く
・乗換駅をうまく利用して、歩く距離を増やす
・電車内の席には座らずに立つ
・つり革を持って軽く爪先立ち運動を行う

<家事編>
・身近なお惣菜で食事をすまさず、日々料理を楽しんで行う
・掃除をこまめに、定期的に行う(まとめてしない)
・フロアの雑巾がけやお風呂掃除などは「運動」だと思って念入りに
・布団干し、窓拭きなどもこまめに行う

 このような細切れ運動、活動量を増やしていくことでも、身体の脂肪はエネルギー源として利用されますし、シェイプアップのみならず健康的な生活を送るという点においても優れた習慣といえるでしょう。

 20分という時間にこだわらず、今日からさっそく楽しみながら、細切れ運動をスタートしてみてはいかがでしょうか。

【運動と健康:西村典子】

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/item/detail/allabout-20100719-20100719-1/1.htm

2010年7月13日 (火)

スイカダイエット

ある日のランチ時、ロケットニュース24編集部でスイカを一心不乱に食べる女性ライターHさんの姿が。「Hさん、お昼ごはんスイカですか?」と聞くと「そう。最近食べ過ぎで太ったからダイエットなの」という。

Hさんによると、この彼女オリジナルのスイカダイエット歴は5年以上で、その成功率はほぼ100%なのだとか。その100%に近い成功率のスイカダイエットとは?

●ライターHに聞いた、スイカダイエット方法
基本的に夕食をスイカに代えるだけ。量は好きなだけ。なぜならスイカの約90%は水分なので量を食べても心配がなく、また水分で満腹感も得られやすい。「でも、その分すぐお腹がすくのでは?」という編集部の質問にライターHは、「でも寝る前、お腹が空いて眠れなければ食べても問題ないわよ。」との答えが。

要するにあのダイエット中にありがちな空腹感に悩ませれる必要がないのだ。それはとても有難い。また水分の他にカリウムが大変豊富で腎臓病に昔から薬代わりに使われている程なので、むくむどころか体に溜まった無駄な水分も排出してくれるのだ。

ライターH 「これでも充分だけど、さらにシトルリンという成分が毒素を排出してくれるデトックス効果もあるのよ。抗酸化作用のあるリコピンなんてトマトより多く含まれているから肌にもいいの。」

もちろん3食スイカにすれば痩せるのは早いがリバウンドも避けられない。朝、昼を普通の食事にして夕食にスイカにするだけで、すぐに効果は感じられるという。夜に飲み会が控えていると分かったらランチをスイカにすればいいといった具合。

ライターH 「私はちょっと増えた体重を戻すのと同時にデトックスも兼ねてるのよ。1年に1度はゆるデトックス週を必ずつくることにしているの。厳しいしばりをするのがダイエットが失敗の一番原因ですから。」

実際これで過去5年間、体重の変動はないとのことなので、説得力はアリ。基本的にひとつの食材を繰り返し食べるダイエットは飽きやすく、リバウンドもしやすい。なので1日に1〜2食は普通食にし、長くても1週間程度で終えるのがポイント。

ライターH 「ケーキなど甘いものがどうしても食べたければ朝ご飯に食べます。夕食時にスイカを食べていても翌朝ケーキが待ってると思えば苦痛になりません。」

スイカダイエットをトライした彼女の友人たちもほぼ100%で成功しているという。さっそくスイカダイエットを始めた編集部員もいて効果は上々。唯一の問題は「夏限定なのがねえ~」。

世の中には240キロから120キロに減量して2280万円の賞金をゲットした人もいますが、そう簡単にはいかないのがダイエット。インターネット上では『食べると痩せる!? 脂肪を燃やす20の食べ物』なんて話題も盛りあがっていますが、さまざまな誘惑に勝ちつつ健康にやせていきたいものです。

(MSNトピックス、http://topics.jp.msn.com/life/column.aspx?articleid=333260

2010年7月 5日 (月)

WHO医務官・進藤奈邦子

Bdy1006290325000p1

新型の第2波やってくる

 この地球上で起きる感染症のアウトブレイク(集団感染)をいち早くキャッチして分析し、防疫や治療の方法をスイス・ジュネーブのWHO(世界保健機関)本部から世界に発信する。ときには現場に駆けつけ、命がけでキラーウイルスの封じ込めに全力を尽くす。世界をまたにかけて活躍するWHO医務官の進藤奈邦子さん。厚生労働省の会議に出席するため一時帰国した彼女を取材した。(文 木村良一)

                   ◇

 --個人的見解で結構ですから豚由来の新型インフルエンザウイルス(H1N1)の今後の流行について教えて下さい

 進藤 免疫(抵抗力)があれば、それが働いて重症化を防いだり、発症を抑えてくれる。しかし、新型には世界の人口の2割しか感染していない。つまり8割の人が免疫を持っていないことになる。これを考えると、流行の第2波、第3波があり、多くの人が感染して重症患者も多く出る。

 《新型インフルエンザは昨年4月にメキシコでそのアウトブレイクが起きた後、瞬く間に世界中に広がり、2カ月後の6月にはWHOがフェーズ6を宣言するパンデミック(世界的大流行)を引き起こした。毒性は弱かったが、適切な治療を受けないと、ウイルス性肺炎などで若くて健康な人も重症化した。死者数は世界で約2万人。日本では昨年の5月16日に神戸市内で最初の患者が確認された後、11月下旬にピークを迎えたが、今年3月には沈静化した。日本での死者数は199人と大幅に少なかった》

 --日本の第2波はいつ来ますか

 進藤 南半球での流行がいつ始まるかを注意しているが、まだ大きな流行はないようだ。このままだと、南半球では季節性インフルエンザと同じ冬場の7月、8月に流行する可能性が高い。そうなると、日本などの北半球でも年末の冬場に第2波、第3波がやってくる。冬場だと、被害が大きくなる。

 --新型の発生で出張中のエジプトから急遽(きゅうきょ)、呼び戻された

 進藤 そう。エジプトで鳥インフルエンザウイルス(H5N1)が流行し、エジプト政府の求めで調査に出かけていた。そしたら4月24日の午前1時半ごろ、ケイジ・フクダさんから「メキシコでたくさんの人が死んでいる。事態は深刻だ」と携帯電話に連絡が入った。

 --ケイジ・フクダさんといえば、WHOのスポークスマンの事務局長補代理(現・事務局長特別顧問)としてテレビによく出てました。どんな人物ですか

 進藤 彼は両親とも日本人で小学校6年生ぐらいまで日本で暮らしていた。アメリカで臨床医になり、公衆衛生や疫学を学んでCDC(米疾病対策センター)に入り、その後、WHO職員になった。周囲からは「ミスター禅(ぜん)」と呼ばれ、平常心を失わない人のように見られているけど、私には「ニッキー」と愛称で呼んでよく怒る(笑い)。

 --鳥インフルエンザの方は

 進藤 鳥の間で蔓延(まんえん)しているので今後も人に感染する危険はある。

 《WHOによれば、鳥インフルエンザウイルスは2003(平成15)年以降インドネシア、ベトナム、中国などで計約500人に感染し、うち300人近くが死亡している。致死率は60%と高い》

 --まだ鳥のウイルスですが、人のウイルスになる可能性は

 進藤 インフルエンザウイルスは突然変異を繰り返すのでその可能性はある。

 --インフルエンザに限らず、エボラ出血熱のような感染者の多くが命を失う感染症が発生すると、飛んでいくわけでしょ。怖くないのですか

 進藤 その感染症の正体を早く確認したいという気持ちが強いので、怖いとは思わない。現場で患者さんを診なければならない医師や看護師が混乱しているので、彼らを早く助けてあげたいと思う。

 --医療従事者が感染することもありますか

 進藤 05年にアフリカ・アンゴラ共和国で起きたマールブルグ出血熱の集団感染で現地に行ったが、あのときは医師や看護師が感染して倒れ、病院が重症患者と遺体だけになってしまった。

 --WHOの職員が亡くなることも

 進藤 03年に発生した新型肺炎のSARS(重症急性呼吸器症候群)のとき、ベトナムでイタリア人の同僚が感染して亡くなった。彼が携帯電話で「ベトナムにはもう治療に使う人工呼吸器がない。僕は怖い」と連絡してきたのを覚えている。あの時点ではSARSはまだ病原体の正体が分からない未知の疾病でした。

                   ◇

【プロフィル】進藤奈邦子

 WHO医務官。メディカルオフィサー。WHOの新型インフルエンザ危機対策チームを統括する。昭和38年4月4日生まれの47歳。小学校から高校まで東京学芸大付属。東京慈恵会医科大学卒。平成10年から国立感染症研究所に勤務した後、14年にWHOへ派遣され、17年から正規職員となる。2人の子供を育てるシングルマザーでもある。

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/life/body/100629/bdy1006290325000-n1.htm

2010年5月11日 (火)

よくない食べ合わせってホントに根拠があるの?

古くから、“ウナギと梅干し”など、よくないとされる食べ合わせがある。経験則から生まれた昔の人の知恵は侮れないもの。やはり現代の観点からみても理にかなっているのだろうか。

「“うなぎと梅干し”の食べ合わせが悪いとされるのは、うなぎは脂っこいし、梅干しには酸味の刺激があるので、どちらも胃腸に負担がかかるから。そもそも日本人は胃腸虚弱体質が多いため、脂分と酸味の過剰摂取には注意すべきという意味なんです。栄養学的にみれば、梅干しのクエン酸が加わった方が消化によいという見方もあります」と語るのは、薬学博士で東医食治研究会会長の田村哲彦氏。ただ、あまり食べ合わせを気にしすぎる必要はないという。

「キュウリやニンジンに含まれるアスコルビナーゼという酵素はビタミンCを酸化するので、ビタミンCを多く含むトマトなどと合わせない方がいいといわれますが、酢を含んだドレッシングで食べれば、アスコルビナーゼは酸性に弱いのでビタミンCは温存されます。また、お茶のタンニンは、野菜などに含まれる非ヘム鉄の鉄分の吸収を阻害しますが、かなり濃いお茶でない限り問題はなく、食後にゆっくり飲めばいい。そもそも食事はトータルなものですし、悪い食べ合わせはごく限られています」(同)

自分の体調や体質を考慮して、極端に偏った食生活をしなければ問題ないとのこと。だが、本当に気をつけた方がよい食べ合わせというものは存在しないのだろうか。

「とくに避けたい食べ合わせを挙げるなら、焼き魚と漬け物ですね。焼き魚の焦げに含まれるジメチルアミンと漬け物の亜硝酸塩は化学変化を起こし、ニトロソアミンという発ガン性物質ができてしまいます。タラコにもジメチルアミンは含まれているし、ハムなどには発色剤として亜硝酸塩が使われている場合もある。これらの食べ合わせには注意した方がいいでしょう」(同)

これは、結構ありがちな食べ合わせ!
日常的に食べている人も多いのでは。今日から早速意識してみてほしい。

(新型 光)
(R25編集部)

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/item/detail/r25-00002191/1.htm

2010年4月 8日 (木)

くも膜下出血 働き盛り注意!

 7日未明に亡くなったプロ野球・巨人の木村拓也・内野守備走塁コーチ(37)を突然襲った「くも膜下出血」。働き盛りの若い世代に多く、時には命を落としたり後遺症に悩まされたりする重い病気だ。だが、確実な予防法はなく、専門家は「50代になったら数年に一度は脳ドックを受けてほしい」と語る。日ごろから自分の体に気を配ることが何よりの予防法といえそうだ。(道丸摩耶)

 

 ◆練習中に突然…

 木村コーチが倒れたのは2日夕。試合前の守備練習中、ノックをしていたところ、突然胸を押さえて倒れた。

 「くも膜下出血とは、脳を覆うくも膜と軟膜のすき間に出血を起こす病気。多くは脳の動脈にできた瘤(こぶ)、いわゆる動脈瘤(りゅう)が破裂して起こる。なぜ動脈瘤ができるのか、いつ破裂しやすいかは分かっておらず、予防が難しい」と語るのは、NTT東日本関東病院(東京都品川区)の落合慈之院長だ。

 落合院長によると、くも膜下出血を起こしやすい季節や時間帯は特にない。出血を起こしたときを分析しても、「活動中」「就寝中」「そのほか」が3分の1ずつだったという。

 だが、その症状は激しく、出血が長引けば脳組織に血液が行かなくなり、意識も戻らなくなる。木村コーチは倒れた直後、心肺蘇生(そせい)を受けたといい、「呼吸中枢をやられ、一時的に心臓や呼吸が止まったとみられる」(落合院長)。

 出血が起きてしまえば治療法はなく、再び破裂しないようにするための手術しか手段はない。その場合、動脈瘤の根元をクリップで挟んで血液が入らないようにする方法と、カテーテルを使って動脈瘤の内部を詰める方法の2種類があるが、意識が戻らない重症者の手術は難しい。

 ◆約3%に動脈瘤

 では、くも膜下出血を起こさないためには、どうすればよいのか。同院脳神経外科の森田明夫部長は「喫煙や大量の飲酒は避けること。高血圧の人、家族にくも膜下出血を起こした患者がいる人は危険因子が高い」と話す。また、くも膜下出血のほとんどは動脈瘤の破裂によって起こるため、動脈瘤があれば出血のリスクも高くなる。

 実際の患者は40~50代が中心で、男性より女性に多い。木村コーチのように30代で発症する例は少ないが、最近では70代など高齢の患者もみられるという。

 こうしたことから、森田部長が勧めるのが、脳ドックだ。出血すると3分の1が死亡、3分の1が社会復帰が難しいという現状からすれば、発症リスクの高い40~50代は一度脳ドックを受け、MRIやCTで脳の写真を撮るとよい。

 森田部長によると、人間ドックの受診者の約3%に動脈瘤が見つかるという。ただ、動脈瘤が発見されたからといって、すぐに破裂するわけではない。そのため、「瘤の場所や形状、大きさなどから危険性を判断。進行するかどうかの経過や患者の年齢、体力をみながら、手術をするか決める」(森田部長)のが一般的だ。

                   ◇

 ■共通する「突然」

 くも膜下出血の症状はいくつかあるが、共通するのは「突然性」。「『金づちで殴られたような痛み』『経験したことのない痛み』と表現されるが、痛みが軽い場合もある。だが、理由なく突然襲ってくる点は共通している」と落合院長。意識障害についても軽い場合はすぐに治まることもあり、症状が「突然」起きたかどうかが、最も大きな判断基準となるようだ。

 また、「患者の約半分は1週間ほど前に前駆症状という前兆の頭痛が出る」(森田部長)といい、その場合は検査で発見できることが多いという。

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/headline/detail/sankei-snk20100408052/1.htm

2010年3月17日 (水)

体をメンテする成長ホルモンの役割

睡眠はすべての生物に等しく与えられた憩いの時間。しかし何かと多忙な社会人、「毎日たっぷり睡眠とってます!」と断言できる人なんてほとんどいないのでは? できることなら、その日の疲れはその日のうちに解消したいものだが…。スリープクリニックの遠藤拓郎先生に相談してみよう。

「睡眠はただ体を休めるものではなく、心身をメンテナンスするための時間です。睡眠を夜間に自動車(体)を停めておく駐車場のようにとらえている人は多いと思いますが、どちらかといえば、夜のうちに機体のメンテナンスを行う飛行機の"駐機場"と考えるべきでしょう」(遠藤先生)

遠藤先生によれば、人は正しく入眠すれば、最初の3時間に最も大量の成長ホルモンを分泌するという。成長ホルモンは疲労した体、飲酒で負担をかけた内臓、紫外線を浴びてダメージを受けた皮膚などを修復するために不可欠なものだ。

「相撲部屋では朝の稽古の後、ちゃんこを食べて昼寝をとる習慣がありますが、これは実はとても理にかなっているんです。トレーニングで壊した筋肉の細胞を睡眠によって修復し、より大きな筋肉を生み出す仕組みですね」

では、毎日健やかに安眠を得るにはどうすればいいか? カギを握るのは「体内時計」だ。

「夜、スムーズに入眠し、適切にホルモンの分泌を得るためには、体内時計が正しく調節されていなければなりません。しかし寝不足や不規則な生活を強いられる社会人は、どうしても体内時計が狂いがち。さらに、人間の体内時計はなぜか25時間周期で働いているため、1日が24時間である以上、ズレは必ず生じてしまいます。そのため、この体内時計のズレを毎日修正してやることが必要なんです」

太古の昔から、時間を決めてきたのは太陽だ。だからなのか、太陽の光には体内時計のズレをリセットする力があるという。

「体内時計を制御しているのは、目の奥の視神経が交差する部分にある『視交叉上核』です。ですから、朝起きたらまずカーテンを開け、外の明るい景色を目で見ることを習慣づけてください」

毎朝、体内時計をきっちりリセットしておけば、自然と夜の寝つきもよくなると遠藤先生。その結果、睡眠中のホルモン分泌も促され、良好なコンディションを手に入れられるのだ。

(R25編集部)

(MSNトピックス、http://topics.jp.msn.com/life/article.aspx?articleid=245572

2009年11月29日 (日)

冬肌のカサカサ「かゆみ」撃退法

Default_bg

冬になると無性に足や背中がかゆくなる…
男女ともにこんな症状を訴える人は多い。
「毎年のことだから仕方がない」とあきらめているそこのあなた、
実は意外なところに原因は潜んでいたのだ。正しい知識を得て…

(MSNビューティスタイル、続きはこちらから…
http://beautystyle.jp.msn.com/healthcare/feature/medical/091124/default.htm