« 生まれて間もない頃から愛用しているぬいぐるみを手放さないネコ | メイン | 幕末から学ぶ現在(いま) »

2010年9月11日 (土)

かけっこ、速く走るには 

「まっすぐ走る方向を見て」

 いよいよ運動会のシーズン。「今年こそ、かけっこで1等賞、とまでは言わないけれど、少しでも順位を上げたい」と願う子供も多いはず。今からでも間に合う速く走れる方法はないか。切羽詰まったお願いを、北京オリンピック銅メダリストで陸上教室「NOBY T&F CLUB」を主宰する朝原宣治(のぶはる)さん(38)=大阪ガス=にぶつけてみた。(岸本佳子)

 ◆スタートは冷静に

 兵庫県西宮市の大阪ガス今津総合グラウンド。「すぐに速くなるコツを」と教えを請うと、朝原さんは「うーん」と苦笑い。そして、最初に飛び出したアドバイスは「スタートでパニックにならないこと」と意外な内容だった。

 「横一列に並んでしまうと、つい焦ってしまう。いきなり、がむしゃらに走り始めるのではなく、地面を踏みしめるようにスタートしてみましょう」。確かに号砲が鳴ると、頭に血が上る。でもそこは冷静に。そして、だんだんとスピードアップだ。

 速く走るには「腕を速く大きく振る」「足を高く上げる」のが一番、と考える人もいる。しかし、朝原さんは「手足はあんまり意識しないほうがいいんです」。ただ、走る姿勢には気をつける。「よそ見をしたり、ぐにゃぐにゃと走ってしまう人もいますが、真っすぐ前を、進む方向を見て走ってください」。お母さんの声援が聞こえても、ぐっと我慢だ。

 リラックスも大切。肩に力が入ったり、手をグーに握りしめたまま走ったりすると、スピードが出ないからだ。コーナーが苦手な人はこの際、ちょっとスピードを落としてみよう。「重心も少し落とし、ちっちゃくなってみると走りやすいですよ」

 ◆走る姿をチェック

 ところで、自分の走る姿は意外と知らないもの。そこで、携帯電話のビデオ機能などを使って、一度、走る姿をチェックするのもいい。矯正はできないかもしれないが、「自分はこういう姿で走っている、と気がつくだけでもいいと思います」。イメージトレーニングも有効だ。「走りたくないなあ」と頭を抱えるより、1着でゴールするイメージを持ってみよう。

 実は、「速く走る一番のポイントは外で楽しく遊ぶことにある」と朝原さんは言う。かけっこでも、自転車でも、ボール遊びでも、さまざまな外遊びの中にバランスの取り方や身のこなし方など、速く走るための要素が詰まっている。「クーラーの効いた部屋で遊ぶより、運動会までの2、3週間でも外で元気に遊ぶのもいいかもしれませんね」

 最後に、運動会で走るお父さんたちに朝原さんからアドバイス。「ぶっつけ本番はまずい。運動会までの時間、歩くことでもいい。体を動かし、準備してから出場してください」

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/100908/sty1009080801001-n1.htm

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/396974/25035435

かけっこ、速く走るには を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿