« 2010年6月 | メイン | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

まるでタイツを履いてるみたい!

0957969bb3e247ac9fc18d25fb9eb63c

米ジョージア州の自然動物保護区で、ロバとシマウマのハーフ『ゼドンク』が誕生し話題を呼んでいる。まるでシマシマのタイツを履いたような姿をしており、みんなの人気者になっている。脚の部分だけがシマシマになっているのが特徴である。まだ生まれたばかりで小さく、子どもたちはゼドンクに夢中のようだ。

ジョージア州のチェステーティー自然動物保護区でゼドンクが生まれた。この施設はホワイトタイガーで有名な動物公園だ。同施設のゼネラルマネージャーは「ゼドンクの誕生でユニークな動物の仲間が1頭増えました」と喜びを語っている。

ゼドンクはロバとシマウマの交配種である。交配が難しく世界でも数が少ないといわれている。最近では2005年にカリブ海のバルバドス島で誕生が確認されている。今回生まれたゼドンクはシマウマ(父)とミニロバ(母)の子どもとして生まれた。姿形はロバそのものだが、4本の脚にシマ模様がある。

この施設では人気動物が多数飼育されているが、今もっとも注目されているのはゼドンクなのだとか。脚にだけあるシマシマを一目見ようと、親子連れが大勢詰めかけているという。

珍しい動物といえば、中国では謎のヌルヌル生物が発見されたり、顔がシワクチャな猫が高額で取引されていたり、毛のない緑色の動物が発見されたりと、最近は様々な動物ニュースが報じられている。今後はもっと珍しい動物が登場するかも?

Screenshot from gainesvilletimes.com
This image is used in accordance with copyright law number 32.

(MSNトピックス、http://topics.jp.msn.com/life/column.aspx?articleid=353865

2010年7月29日 (木)

化粧美人 スッピン顔どうやって見破る!?

 メークで別人のように“変身”する様子をネット上に公開した女性が、「伝説の化粧美人」と話題になっている。ウソみたいな変わりようだが、レッキとした同一人物だ。

 この動画が注目されて以降、ネット上にはメーク自慢たちのビフォー&アフター画像が急増。どれも神業的なメーク術で変身しているから、「こりゃイチコロでダマされるぞ」と男性陣が騒然となっている。見破る方法はないのか。若い女性の生態に詳しい作家の三浦天紗子氏が言う。

「一番分かりやすいポイントは『目』です。アイラインを濃く太く描いているキャバ嬢風メークの女性は、スッピンが全然違う可能性大。下まぶたまでクッキリと縁取った女性は、目を大きく見せようと化粧でごまかしているケースが多いのです。まつげも注目です。必要以上に毛の量が多いと、つけまつげを2~3枚足している可能性がある。男性がダマされやすいのが二重まぶたで、天然モノは目頭から二重が広がっていくのに対し、整形や化粧による人工モノの場合、目頭までは線が入らないことが多い。また、二重の幅が均一なのも特徴です」

 一方、スッピン美人は年とともにOL風のナチュラルメークになっていく。アラサーになっても若作りメークをしている女ほど“怪しい”という。ただ、男が瞬時に見破るのは至難の業だ。

「男性は顔全体のイメージで女性を見ているため、気付きにくいのです。寝起きの顔を見て、初めてビックリすることも多いでしょう。おまけに、のっぺりした顔の女性に限って、化粧で別人のように変身しやすい。化粧を取ったときの落差はますます大きくなるのです」(三浦氏=前出)

 怪しいと思ったら水をぶっかけるしかない?

(日刊ゲンダイ2010年7月26日掲載)

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/headline/detail/gendai-000120559/1.htm

2010年7月28日 (水)

猛暑“特需”

 猛暑が消費に活気を与えている。家電量販店ではエアコンや扇風機が売れ行きが絶好調で、スーパーでは吸汗機能の優れた下着が人気だ。気温とともに需要も上昇するビールやアイスクリームなどの定番商品に加え、塩あめや梅干しなど意外な商品にも需要は波及している。平均気温が1度上がると、個人消費を1500億円以上押し上げるとの試算もあり、景気回復の追い風となりそうだ。

 ■定番商品は“特需”

 家電量販店のビックカメラでは、関東地方などが梅雨明けした17日以降、猛暑で各店の売り場が大にぎわいだった。「24、25日の両日は全店集計でエアコンが昨年の約3倍という驚異的な売り上げを示した。扇風機も対前年比3割増と売れた」という。

 ビール各社も猛暑を謳歌(おうか)している。アサヒビールは「スーパードライ」が7月中旬から前年同期比2けた増の販売を記録した。

 アサヒでは今年から、ビールをマイナス2度の凍る寸前まで冷やした「エクストラコールド」という飲み方を提案。このビールを提供する東京・銀座の旗艦店では、入店に1時間半から2時間待ちの状況で、26日から営業時間を午後5時開店に1時間前倒しした。

 氷菓も売れている。赤城乳業(埼玉県深谷市)では人気商品のアイス「ガリガリ君」が前年同期比25%増の販売と過去最高を記録。7月中は「前年比で40%増まで増える見込み」だ。

 ■意外な商品も

 意外な人気を見せているのが塩あめだ。イオンでは19日からの1週間で、前年の3倍の売り上げで、「メーカーでも品薄状態」という。汗をかくことで体内から失われる塩分補給に役立てているようで、イトーヨーカ堂では「梅干しも昨年の3割増しで売れている」という。

 生活関連の商品では、汗を吸収して拡散させる機能性下着なども売れ筋になっている。最近のエコ志向とも相まって、水筒として使えるステンレスボトルも好調だ。

 スーパー各社は顔をふく使い捨てシートやジェル入りの枕、制汗剤など暑さをしのぐための商品を店頭に集約して展開し、猛暑需要に対応している。

 ■活気づく旅行業界

 旅行・ホテル業界も暑さを逆手に活気づく。

 ソラーレホテルズアンドリゾーツ(東京)は、宿泊前日の最高気温(気象庁発表)が高いほど割引率が高くなる宿泊プランを売り出した。1日2~3室限定だが、全国4カ所のホテルで最高気温が35度以上になるとダブルやツインの部屋が半額になる。

 特に「チサン・イン熊谷」がある埼玉県熊谷市は平成19年8月に観測史上最高の40・9度を記録。再び記録を出せば6割引で、通常1万3千円のツインルームは5200円になる。

 日本総合研究所の小方尚子主任研究員によると、昭和55年から平成18年までの東京の平均気温と関東地区の世帯消費支出などのデータをもとに夏の気温と個人消費の関係を試算したところ、7~9月期の平均気温が1度上昇すると、全体の個人消費を0・21ポイント押し上げる効果があったという。ざっと1500億円分だ。

 今年は東京の平均気温が7月上旬に2度、中旬には3度も上昇した。今後も猛暑が続けば、今夏の個人消費の押し上げ効果はさらに拡大する可能性もある。

 ただ、スーパーや百貨店では、行きすぎた猛暑に対する警戒感もある。消費者が家から出なくなり、逆に来店客が鈍る恐れがあるためで、関連業界からは「暑さもほどほどに」との声も上がっている。

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100726/biz1007262232023-n1.htm

鉄剤とお茶の組み合わせはNGだったが…

「あ、ダメダメ! ちゃんとお水で飲まないと効果がなくなるよ」

つい先日、花粉症用の鼻炎薬をお茶で飲もうとしたら、その場に居合わせた友人にそうたしなめられた。

確かに、水以外のもので薬を飲むと効果がなくなるというのは、幼いころからなんとなく耳にしてきたことではある。けど、それって本当なのだろうか? 医療ジャーナリストにして医学博士の森田豊先生に聞いてみた。

「確かに以前は、薬の中でも鉄剤(貧血治療用の薬剤のこと)について、お茶に含まれるタンニンが鉄分の吸収を抑制してしまうといわれていました。ところが近年になって、お茶に含まれるタンニンは少量で、そのような影響があるわけではないことが判明したので、気にする必要はない、というのが最新医学の常識となっています」

実際、森田先生もわりと最近まで、患者さんに「鉄剤はお茶で飲まないように」と指導していたそうだが、現在は定説の刷新に合わせてあらためているという。ただし、水以外で飲んではいけないケースもあるので要注意だ。

「たとえばニキビ治療などに使われるテトラサイクリン系の抗生物質は、カルシウムによって吸収が妨げられますから、牛乳で飲むと効果が薄れます。また、R25世代にとってはまだ縁遠いかもしれませんが、高血圧治療薬をグレープフルーツジュースで飲むのもいけません。これはグレープフルーツに含まれるバイオフラボノイドという成分が、高血圧治療薬の代謝分解を抑制するためです」

ちなみに筆者の個人的な体験でいえば、風邪薬をビールで飲んで激しい頭痛を引き起こしたことがあるのだが、これについては「薬以前に、体調の悪い時の飲酒が良くない」(森田先生)ということらしい(当たり前か…)。理論上は、一般的な風邪薬や頭痛薬であれば、お茶、ジュース、コーヒーはもちろん、ビールなどアルコールで流し込んでも、必ずしも害があるとは限らないのだそうだ。

とはいえ、薬の成分によってどんな影響が出るのかは素人には判断できないので、これはどうしても水が手に入らない場合の急場しのぎと心得ておくべきだろう。「薬は水で飲む」というルールを守っておくに越したことはないのだ。
(R25編集部)

(MSNトピックス、http://topics.jp.msn.com/life/article.aspx?articleid=349610

2010年7月27日 (火)

「若者の品格」

F34dbb87f4704520ba33fbb4ba8b84d3

 今イチ元気がない、やる気に乏しい、といわれる若者に、今何が求められているのか――。ベストセラー『女性の品格』の著者で昭和女子大学学長の坂東眞理子さんに、創刊4周年を迎えたインターネットメディア「J-CASTニュース」編集長大森千明がインタビューした。

大森 昔の大学生に比べて、変わったと感じるのはどんなところですか。

坂東 まず思い浮かぶのは、本を読まないことですね。情報源はインターネットや携帯電話が中心で、活字よりも映像に関心があるので、先生たちは授業でグラフや映像を活用しています。それにしても、今の若者は基礎知識や情報量が少なく、驚かされることが多い。身の回りの人間関係に気をつかうが、関心の範囲が狭い。

■「僕マザコンです」と平気で言う大学生

具体的には、海外に行きたいという若者が確実に減っていることです。心地よい環境から足を踏み出したくないという気持ちの現れなのでしょうね。外国に行けば病気になったり、最悪の場合テロに遭ったりするなど、何が起こるかわからない。私が若い頃は、いつか海外に行きたいなあと思っていましたが、今の若者は居心地の悪い海外で頑張ることに魅力を感じないようです。外国に行くと、言葉が通じなかったり、バカにされたり、くやしく情けない経験を経て、一回り大きくなるのですが。

大森 では、今の大学生の良いところは何ですか。

坂東 とても素直なところです。親に反発することがなく、お父さん、お母さんともに仲良しです。「僕、マザコンです」と平気で言う大学生がいますよ(笑)。私たちの時代に、家族とは「乗り越えるべきもの」というイメージがありましたが、今の若者にとって家族は、一緒にいて心地よい仲良しなのです。心優しいという点も挙げられます。障害を持っている学生を手助けしたり、地域の子どもの世話をしたり、勉強の遅れている子どもに教えてあげたり、といったボランティア活動の参加を募ると、たくさん集まってきます。「格差社会」に押しつぶされる人たちにシンパシィ(共感)を持っているのです。

大森 それと、最近男の子は「草食系」。女の子が「肉食系」で強くて元気がいいと聞きます。

坂東 一つには、お母さんが男の子のほうを優遇して育てているからです。女の子は手抜きになる分、のびのびと育ちます。前の世代と違う生き方をするのはこわいが楽しい。もう一つは男の子は既存の生き方が確立しているが女の子はそうでない。中高生くらいの時に競争で負けると心が傷つく。そんな理由で、優劣をつけず成績発表をしない学校が最近はあると聞きます。大学受験で苦労させたくないからエスカレーター進学させたいという親と同じですね。これじゃ「草食系」まっしぐらじゃないですか。子どもの頃に「人生の不条理」と向き合わないとだめなんです。

■「よそはそうでも、うちは違う」と言えるのが大事

大森 そういった若者に何かアドバイスがありますか。「品格」を身に付けるにはどうしたらいいですか。

坂東 まず、基礎を身に付けて欲しいと思います。足元が固まっていないのに、「自分らしくありたい」「個性を発揮したい」「オンリーワンになりたい」という若者がいますが、人と同じことができるようになってから、自分らしさを付け加えるのが筋です。古くさいとか、役に立たないとか、いろいろ言い訳を並べて、努力せずに、自分らしさばかりを追求する。これは「品格」のない行為で、見ていて痛々しいです。

大森 品格ある若者を育てるには、親はどうしたらいいでしょうか。

坂東 本人に苦労させ自分で成功する経験をもたせること。私の経験では、苦労して成功した人ほど我が子を甘やかす傾向があります。自分の苦労を子どもにさせたくない。そういう思いが強いからでしょう。日本は今、格差社会と言われていますが、本当は豊かで、ある意味日本全体が成金状態の「一億総成金」です。子どもに豊かにものを与えられる状況でも、親が甘やかしたいという欲望をコントロールすることがとても大切です。親の手元を離れるというのも一つの手だと思いますよ。江戸時代、親は良い教育者になれないと考えられていたそうです。それで、他家に奉公に出したのが良い例です。今の若者も、大学に入る前に現実社会に触れ、その結果ぜひ勉強したいと思ったら入学する方がいい。英語圏では「ギャップイヤー」というシステムがあり、大学に進学する前にボランティア活動をしたり、海外に行ったりします。

大森 「友達も持っているから」と言われると、つい買ってあげたくなってしまうものです。

坂東 私たちの時代は時間もお金も十分になかったので、「よその家と同じことはできないの」と子どもも納得していましたが、与えられる状況で与えないのは本当に難しいですよね。でも、「よそはそうでも、うちは違う」と居直っていかないとダメだと思います。

大森 ある種の「挫折」も大事ですね。

坂東 努力してもできないこと、他人に負けてしまうことがあります。それで人生すねちゃう人もいますが、じゃあ自分は何ができるだろう、得意なことは何なのか、と考える。そして方向転換する。それには、現実と向き合わなければなりません。親や周りの人間がお膳立てするようではだめなのです。

【プロフィール】 坂東眞理子(ばんどう・まりこ) 昭和女子大学学長。1946年生まれ。東京大学卒業。69年総理府入省。内閣広報室参事官、男女共同参画室長、埼玉県副知事などを経て、01年内閣府初代男女共同参画局長。『女性の品格』『親の品格』がベストセラーとなる。近著に『錆びない生き方』。

大森千明(おおもり・ちあき)J-CASTニュース編集長。朝日新聞社でアエラ編集長、週刊朝日編集長などを務める。

(MSNトピックス、http://topics.jp.msn.com/digital/general/article.aspx?articleid=348321

2010年7月24日 (土)

等身大ガンダム像、再び

Gp01a

 人気アニメ「機動戦士ガンダム」のプラモデル「ガンプラ」の発売30周年を記念して製作された高さ18メートルの“等身大”ガンダム像が展示される模型イベント「静岡ホビーフェア」が24日、JR東静岡駅前で始まった。静岡市は多くの模型メーカーが集まり、ガンプラの製造工場もあるプラモデルの“聖地”。会場内にはガンダム像のほか、プラモデル製作の歴史を紹介したミュージアムなどがある。

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kyodo-2010072401000146/1.htm

(画像と本文は関係ありません)

小林麻央キャスター“梨園の妻”デビューへ

A2000fcc

 歌舞伎俳優・市川海老蔵(32)の妻でフリーキャスターの小林麻央(28)が、東京都中央区の新橋演舞場「八月花形歌舞伎」初日の8月7日に“梨園の妻”デビューする。関係者が23日、「8月公演の初日から海老蔵夫人として公の場で仕事を始めるということです」と明かした。雑事を含め一門のすべてを取り仕切る。キャスターも継続する意向だけに、多忙を極めることになる。

 婚姻届の提出から約5カ月。麻央が“海老蔵の妻”として公の場で始動する。「麻央さんは8月公演の初日から、歌舞伎俳優の妻の仕事を始めるということです」と関係者。2人は今月29日に東京都港区のザ・プリンスパークタワー東京で盛大な結婚披露宴を行う。海老蔵は3月25日に都内で行ったロンドン公演(6月)の会見で「歌舞伎俳優の妻としての仕事は披露宴が終わってから」と明言していた。

 麻央は初日、海老蔵が出演する第1部「義経千本桜」開演前に劇場ロビーに立ち、後援者やひいき客らにあいさつ。8月は義父・市川団十郎(63)の公演がないため、義母の希実子さんが同席する予定。成田屋を支えてきた大先輩の指導をあおいで、第一歩を踏み出す。

 “梨園の妻”は、いわば相撲部屋のおかみさんと同じで、夫である俳優、その弟子、付き人ら一門のすべてをコントロール。公演初日は必ず劇場ロビーに顔を出し、楽屋では共演俳優にあいさつ。着替えの手伝いは付き人の仕事だが、そのほかの雑用を一手に引き受ける。劇場を離れても仕事は山積。夫が稽古で忙しい場合は“名代”として重要な会議にも出席。「梨園の妻」と「芸能人」の両立は簡単ではない。

 ただそれは麻央も承知の上。結婚を前提にした交際が始まった昨年6月ごろから、東京都目黒区内の団十郎宅で希実子さんから作法、心構えを学んできた。今年の正月も海老蔵とともに団十郎宅で過ごし“梨園の正月”も体験。3月の結婚後は楽屋にも出入りし準備を進めてきた。

 「海老蔵さんは麻央さんを本当に大切にしている。彼女を仕事、家庭の両面で100%バックアップするはず」と関係者。麻央の「梨園初舞台」は、海老蔵の「義経千本桜」以上に注目を集めそうだ。

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/sponichi-kfuln20100724006003/1.htm

(画像と本文は関係ありません)

打ち水で都心の温度下げる 首都高

E3047619f4f68acacab318c69594

猛暑でうだる都心の高速道路を「打ち水」で冷やす。そんな試みに首都高速(橋本圭一郎会長兼社長)が挑む。7月25日から8月22日の間、毎週日曜日午後1時から、散水車を「打ち水」仕様に改造した4台の車両を使って、高速道路に散水する。

「うちみず君」と名付けられた車両は、散水穴のピッチを打ち水用に大きく改造した専用車両。「打ち水大作戦 散水中」と書かれた横断幕を付けて、高速道路上を回る。

実施する区間は、都心環状線内回り外回り一周各14.7kmと、高速6号向島線堀切JCTから箱崎JCTを折り返す18km。高速7号小松川線両国JCTから市川NEXCO管理境を折り返す20km。打ち水総延長は約68kmとなる。

「打ち水をすることで周辺の気温が3度ほど下がったという実績はあるが、炎天下では10分もすると道路が乾いてしまうこともある」(同社広報担当)

散水効果で長時間にわたって気温を下げ続けることは難しいが、散水の様子を見て「涼」を感じてもらい、イライラ運転の防止になれば、というのが同社の狙いでもある。

暦でいう大暑(7月23日)から処暑(8月23日)に至るこの期間、「打ち水大作戦2010」運動で、全国各地で打ち水が実施される。都心の駅前歩道や公共施設、観光地などが主な場所となる。運動に賛同する中でも、高速道路上の打ち水は珍しい試みだ。

(MSN自動車、http://car.jp.msn.com/news/business/article.aspx?cp-documentid=4185247

種をまいて16年…“世界最大の花”開花

Trd1007222135012p1

 インドネシア・スマトラ島に自生し、“世界最大の花”といわれる珍しいショクダイオオコンニャクが22日、東京大付属小石川植物園(東京都文京区)で開花し、茎が変形した太い軸から、虫を集めるためのすえたにおいが周辺にただよった。園長の邑田仁教授は「種をまいてから16年かかってようやく咲いた」と感慨深げに話した。

 サトイモ科コンニャク属の植物で、高さ約1・5メートル。何年かに一度、約2日だけ開花し、満開になると肉が腐ったような強烈なにおいで虫を呼び寄せて授粉に利用する珍しい生態を持っている。

 実際には全体が一つの花ではなく、軸の根元に雄花と雌花がたくさん並び、その外側に葉が変形してできる「仏炎苞」という器官がめくれて赤い花びらのように見える構造。虫は花の根元に落ち込むと内側ですべって閉じ込められ、花がしおれた後、体に付いた花粉と一緒に外に出られる。

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/life/trend/100722/trd1007222135012-n1.htm

2010年7月23日 (金)

衝撃! 40トンのクジラがヨットに体当たり

35e730ee41d3431e83c931fc939d2d22

「逃げてー!」と思わず叫んでしまいそうなヨットの画像が、イギリスニュースサイトの『テレグラフ』に掲載されて話題となっている。その画像には、南アフリカの沖合いを航行していたヨットにクジラが体当たりしようとしている様子が写されている。

事故は7月18日、ケープタウンから80キロ東に位置する都市ハマナスの沖合いで発生した。豊富な航海経験を持つラルフ・マザーズさん(59歳)とパロマ・ワーナーさん(50歳)は、休日のクルージングを楽しんでいた。

ふと前方を見ると、100メートル先くらいにクジラが見えたという。しかし距離が離れているため、接触する危険性はないだろうと2人は考えていた。ところが、クジラはすぐ間近まで迫ってきて突然浮上したのである! クジラが飛び上がったと思ったら、甲板目がけて体当たり。マストはへし折られたものの、幸いヨットは沈没することなく、奇跡的に2人にもケガはなかった。

のちに「信じられないくらい怖かった」とパロマさんは語っている。クジラの体長はヨットとほぼ同じ10メートル。推定体重40トンのヒゲクジラだったのだ。2人が航行していたエリアは、ホエールウォッチングで人気のスポット。毎年6~11月に観光客がクジラ目当てに訪れるという。ヨットは大破してしまったが、命が助かっただけでも運が良かったといえるだろう。

(MSNトピックス、http://topics.jp.msn.com/life/column.aspx?articleid=344040