« 光秀と煕子、愛のストーリー | メイン | 怒声飛び交う入場門 »

2010年4月30日 (金)

高城氏、離婚覚悟!? 

Tnr1004300605001p1

 女優、沢尻エリカ(24)に離婚の意思があると報じられた夫のハイパー・メディアクリエーター、高城剛氏(45)は、29日未明に更新したブログで「どんな結果になろうとも」と離婚を覚悟し、「ちゃんと心で話すべき」と沢尻本人に向けて悲痛な叫びを綴った。

 高城氏は、29日午前1時53分にブログを更新。「いかなる場合でも、人と心でしっかり話す」と妻、エリカに“直接対話”を求めた。

 さらに「例えどんな結果になろうとも、きちんと理由を言って、妻が眼を見て僕に真剣に頼めば、いままでなにひとつ断ったことは一度もありません」と綴り、沢尻から離婚を持ちかけられたら応じる覚悟のあることをにおわせた。

 離婚報道直後の26日、サンケイスポーツの電話取材に応じた高城氏だが、29日はサンケイスポーツの電話にでることはなかった。ブログには「夫婦の大事な話は夫婦のものであり、メディアからはじまるものではありません」と綴っており、直接会話できない妻との唯一のコミュニケーションツールはブログしかないと考えたようだ。

 離婚協議の仲介を沢尻の実兄が行うという報道には、「お兄さんはそのようなことは頼まれていないと言うし、望んでいないと言う」と戸惑いも吐露している。

★高城剛氏29日付ブログ抜粋

 これは、事件なのか?

 なにかが起きて、周辺が騒がしくなっている。

 ある日、突然自分の離婚をテレビで知った。僕も妻の家族も誰も知らず、その時から、報道陣が大挙し押し寄せ、早朝、妻の実家に見知らぬ車がやってきて、妻を連れ去ったと妻の家族は言います。

 これは、事件なのか?

 連日、報道の嵐。

 僕への根拠がないバッシングが続きます。

 その後、妻がオフィシャルのコメントを出し、兄が橋渡しになって、離婚協議を進めているとのことだが、お兄さんはそのようなことを頼まれていないと言うし、望んでいないと言う。

 一体、なんなんだ?

 離婚などという言葉が二人の間で出た事はないし、口論になった覚えもない。もしかしたら、色々な不満はあったかもしれないけど、不満がない夫婦はきっといないでしょう。

 僕は、例えどんな結果になろうとも、きちんと理由を言って、妻が眼を見て僕に真剣に頼めば、いままでなにひとつ断ったことは一度もありません。ちゃんと心で話すべきだと、いつも思ってます。

 僕や家族は、皆心配しています。なぜなら、わずか数週間前までは、もし不満があったとしても、とても仲がよかったからです。誕生日になる夜に、久しぶりに二人きりでお洒落して東京の夜を楽しみました。

 一体、この二週間でなにが起こったのか?

 夫婦の大事な話は夫婦のものであり、メディアからはじまるものではありません。言うまでもなく「関係者」は、関係ないことです。

 一体、これはなんなんだろう?

 このリアルがない劇場の主演は妻だとしても、僕や家族が知らない演出家や脚本家は、誰なのだろうか? そして、その目的はなんなのだろうか?

 明らかに悪意を感じる報道と日々の対応には本当に疲れるが、実にラビリンスを彷徨うような不思議な気分だ。

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/100430/tnr1004300605001-n1.htm

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/396974/24016187

高城氏、離婚覚悟!? を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿