« 肥満の人が飼うと犬も肥満? | メイン | 高速道路無料化 »

2010年3月 3日 (水)

春の野菜と果物には“解毒成分”がたっぷり

 春になるとなんとなく疲れやすい、手足がむくむ、肌もカサカサ――。それは、体にたまった老廃物などの“毒”を、体が外へ出そうとするサイン。不調の原因となる“毒”を出すのを助けてくれるのが、上に挙げているような、“解毒成分”をたっぷり含む野菜や果物だ。

 春が旬の露地物の野菜は、血の巡りを良くしたり、美肌に役立つ抗酸化成分が多くなる。農業・食品産業技術総合研究機構・野菜茶業研究所の東敬子上席研究員は、「色の濃い旬の野菜には、ポリフェノールやカロテノイド、ビタミンCといった抗酸化成分が豊富」と話す。

 千葉大学大学院園芸学研究科の渡辺正巳准教授も、「春は、植物が成長するために、最大限のパワーを発揮するとき。害虫から身を守る防御物質であり、ヒトにとっては“解毒”作用を持つ成分が増える」と説明する。

 なかでも注目株は、ほろ苦い菜の花や春キャベツなどのアブラナ科の野菜や、においの強いタマネギなどのユリ科の野菜。解毒の要である肝臓を元気にするグルタチオンやポリフェノール、硫黄化合物をはじめ、老廃物などの毒素をつかまえて排出しやすくするケルセチンも豊富に含まれる。

 もちろん、ホウレン草やリンゴなど安価で比較的手に入りやすい通年野菜や果物にも、腸内環境を整えるオリゴ糖、便や尿と一緒に毒を出しやすくするカリウム、食物繊維など、解毒を助ける成分が含まれる。

 では、これらの成分を逃さずに食べるポイントは?「抗酸化成分のほとんどは熱に強いが、ポリフェノールやビタミンCなど水に溶けやすい物もある。そうした成分の多い野菜は、蒸すか、電子レンジを使うのがおすすめ」と、東上席研究員。一方、カロテンなど脂溶性のビタミンが多いトマトやニンジン、ケルセチンの多いタマネギは、油炒めなど油と一緒にとると吸収率が高まる。

(続きは 日経ウーマンオンライン で)

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/item/detail/wol-20100303-106024/1.htm

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/396974/23484443

春の野菜と果物には“解毒成分”がたっぷりを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿