« 2010年2月 | メイン | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

平成の大合併が終了

 1999年度に始まった「平成の大合併」は31日、新潟県長岡市、長野県松本市、長崎県佐世保市がいずれも編入合併で新市としてスタートし、終結する。

 合併特例法が26日に改正されており、今後は、自治体の自主的な合併を促す。総務省によると、99年3月に3232あった市町村は、1727にほぼ半減した。

 合併で首長ら三役と議員が約2万1000人減り、年1200億円の支出が削減された。職員の削減や施設の統廃合などにより、経費削減効果は10年後、年間1兆8000億円に達すると試算している。

 合併が最も進んだのは長崎県で、79市町村から21となり、村はなくなった。次いで広島県が86市町村から23に、新潟県も112から30に大きく減り、いずれも減少率70%を超えた。

 一方、進まなかったのは、1市が減っただけの東京都と1町減の大阪府。神奈川県も4減で、大都市部で進まなかった。

 平成の大合併は、自治体の姿や住民の暮らしぶりを大きく変えた。

 31日に誕生した「新長岡市」は、新潟県中越地震で大きな被害があり財政危機となった川口町を編入合併。川口町は住民投票で、財政規模の大きい長岡市との合併を選び、隣接する小千谷市をまたぐ飛び地合併となった。

 長野県山口村は2005年に岐阜県中津川市と越県合併。文豪・島崎藤村の出身地として知られるが、多くの村民は生活圏となっていた岐阜県側への合併を支持した。山梨県上九一色村は南部と北部が2市町に「分村合併」した。

 岐阜県高山市は周辺町村の編入で、面積が香川県や大阪府を超え、日本一広い市になった。

 合併で誕生した和歌山県みなべ町はウメ生産量全国一に躍り出て、「梅酒特区」の認定を受けて町おこしを展開する。町うめ課の林秀行課長(54)は「名実ともに全国トップで、自信を持ってPRできる」と胸を張る。

 平成の大合併1号となった兵庫県篠山市は、合併で認められた特例債を約178億円発行し、市民センターや図書館などを次々に建て、財政難に陥った。借金返済にあえぐ市の財政担当者は「特例債発行の額が大きすぎた。今後も厳しい財政運営は避けられない」と話した。

 ◆合併特例法=地方自治体の行財政基盤の強化のため、国が1999年に改正し、合併特例債の発行などの財政上の優遇措置を2006年まで拡充した。市の人口要件を5万人から3万人に緩和することなどの期限は、10年3月末までとなっている。

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/domestic/governmentdetail/yomiuri-20100331-00699/1.htm

2010年3月30日 (火)

所属事務所から思わぬ反撃をくらった眞鍋かをり

 一部スポーツ紙で脱税疑惑を報じられたタレントの眞鍋かをりだが、契約解除を求めて東京地裁に訴訟を起こしている所属事務所の「アヴィラ」が29日、マスコミ各社にファクスを送り眞鍋の脱税を認めた。

 「眞鍋の事務所はほとんどマスコミ対応しないことで知られていたが、今回の件は白黒をハッキリさせようと思い、対応したようだ」(スポーツ紙記者)
 同事務所は脱税疑惑について、「プロダクションから同人(眞鍋)に支払われる報酬の半分を母親が代表取締役となっている会社に支払い、所得税などを免れていた」、「2007年頃、同人からの要請で父親と会った折、赤字会社を抱えているのだが節税のために眞鍋かをりの報酬の半分ほどを当社に振り込んでもらいたいとの要請を受けた」など具体的な脱税の手口を暴露している。
 「つまり、眞鍋の父親が旧事務所(アバンギャルド)時代の07年頃から、給与の一部を母が社長のマナベ電子工業(愛媛県西条市)に振り込んでほしいと要請。08年3月、眞鍋が現在の所属事務所『アヴィラ』移籍後も同様の取引が行われ、09年12月まで続いた。すでに報じられているが、所属事務所は毎年、年俸制で給与を決め、月割で支給しているが、09年の眞鍋の月給は420万円で、そのうち180万円が母の会社に振り込まれていた」(週刊誌記者)
 収入がサラリーマンとは比べものにならない芸能界だけに、様々な方法でせっせと節税に励んでいる芸能人は多そうだが、所属事務所からその手口を暴露されたのはおそらく眞鍋が初めて。

 「眞鍋が大人しくしていれば事務所も黙っていただろうが、訴訟が終わっていないのでさっさと新たな窓口も決め仕事を再開したため、現所属事務所が激怒し反撃に出た。おそらく、眞鍋にとっては思わぬ反撃だったはず」(同)
 こうなってしまったからには、眞鍋は再び活動を自粛せざるを得なくなりそうだ。

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/rl-20100330-1348/1.htm

2010年3月29日 (月)

暴走機関車亀井大臣

●引っかき回しの裏でシタタカ計算

 ゆうちょ銀の預金限度額を2000万円にアップする案などをブチ上げ、鳩山政権を引っかき回している亀井静香金融・郵政改革相(73)。閣内からも「民業圧迫だ」「聞いていない」と異論が飛び交う中、当の本人は25日、「もう決めたことだ」とキッパリ、修正案も受けるつもりはないらしい。

 亀井大臣といえば、これまでも10兆円超の2次補正予算を組むべしと吠え、菅副総理と大ゲンカ。その際、「菅が言ってならんことを言ったからたしなめた。3党連立なんだから対等だ!」とド迫力の言動を見せた。その亀井は参院選前にも、もう一度、補正を組むべきだと言い出している。またぞろ、菅との対立は必至。完全に内閣の火種だが、これは“カメの暴走”なのか。数々の修羅場をくぐり抜けてきたシタタカ政治家だけに「当然、すべて計算ずく」という見方が浮上している。その狙いは“ポスト鳩山”のイスというから仰天だ。

「次の首相の候補には今のところ、菅副総理のほか、岡田外相、前原国交相らの名前が挙がっています。ただ、首相になるには本人の資質はともかく、小沢幹事長との関係も条件になる。こうなると、反小沢7奉行の岡田と前原は論外。菅は小沢幹事長と悪くはないが、野心がむき出しで党内に警戒感がある。そこで存在感を誇示し始めているのが小沢幹事長と近い亀井大臣というわけです。今回のゆうちょ銀、かんぽ生保の上限引き上げは、参院選に向けて郵政ファミリー票をガッチリ固める狙いだけではない。ゆうちょ銀はメガバンクよりもわずかに利率が高いから、国民受けはいい。補正予算の強硬発言も、『自分が景気対策を主導した』とアピールしたいのでしょう」(政界事情通)

“シンパづくり”にも余念がない。亀井大臣は寝業に長(た)けた「人たらし」として知られるが、実際、郵政改革をめぐって対立していた原口総務相も、いつの間にか軍門に下った。今回の郵政見直し案を連名で提出しているのだ。大塚金融担当副大臣ら部下からの評価も高いという。

 亀井は先週の「週刊文春」(3月25日号)のインタビューで、こんな発言もしている。「鳩山さんは立派です」「平野官房長官も、ふーらりふーらりしながらよくやっています」「この内閣はオールキャストです、亀井静香以外は(笑)」……。

 この“食わせ者”ぶりを見ると、ひょっとしたらひょっとするか……。

(日刊ゲンダイ2010年3月26日掲載)

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/headline/detail/gendai-02045141/1.htm

2010年3月28日 (日)

「ギョーザ事件解決」

 日中関係の最大懸案の一つだった中国製冷凍ギョーザ中毒事件。

 発覚から2年以上が経過し、捜査が暗礁に乗り上げていたなか、中国当局は容疑者逮捕を電撃的に発表し、事態が一気に動き出した。この時期に中国が行動を起こした背景には、鳩山首相に早期の訪中を求めたい胡錦濤政権の対日配慮がうかがえる。

 この事件をめぐっては、昨年、中国側が捜査の中間報告を公表して日本国民の対中感情の改善を図ろうとした。だが、中国国内に毒物混入を公式に認めることへの抵抗が強く、見送られた。最近は、日本側が、製造元「天洋食品」の工場移転の話が浮上していることについて確認を求めても、中国外務省から回答がない日々が続いた。

 捜査打ち切りが取りざたされた今のタイミングでの発表について、関係筋は「国家の威信をかける上海万博の開幕に合わせて鳩山首相を訪中させたいという胡政権の強い意思が働いた」と言い切る。

 日本側には、もともと6月の上海万博ジャパンデーに訪中したいとの意向があったが、中国側は「ジャパンデーは日本のため。各国首脳が集まる4月30日の開幕レセプション出席こそが中国の利益にかなう」(中国筋)と考えている。昨年来、鳩山政権、小沢民主党との関係を重視する姿勢を打ち出してきた胡政権には、「ギョーザ事件解決」というカードをきることで、鳩山首相訪中だけでなく、5月にも見込まれる温家宝・中国首相の日本公式訪問に向けても良好な環境をつくり出す狙いがある。

 胡政権はこれまで、小沢民主党幹事長の資金管理団体による土地取引に絡む事件の推移を見守り、カードをきる時期を慎重に見極めようとしていたとの見方も強い。国内で、ギョーザ事件をほとんど報じさせず、2年以上たって記憶が十分に風化した今なら、インターネットでの政府批判や反日ムードも広がらないとの読みもあったとみられる。

 中国側は、毒ギョーザ事件が日本国民の対中感情に深刻な悪影響を与え、中国製食品への不信感を増幅させたことを十分理解している。容疑者逮捕により、事件を「人為的な毒物混入」と断定、一般的な「食の安全」の問題と切り離し、幕引きを図ることで、中国製食品の対日輸出回復、国際イメージの改善につなげようとの思惑もある。

 ただ、中国側は、事件について、「なおも作業(捜査)中」(新華社)としており、今後、犯行の手口や物証などで日本側が満足できるような情報が明らかにされるかどうかは不透明だ。
(北京 佐伯聡士)

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/world/worldalldetail/yomiuri-20100328-00373/1.htm

2010年3月25日 (木)

第一印象だけで身も心も許す!?

 就職氷河期を乗り越えた学生にとって、あと1週間でついにドキドキの社会人生活がスタートする。仕事や恋、趣味など楽しいことはたくさんあるが、やはり男たるもの女性に支持されるモテるサラリーマンの条件は知っておきたいもの。そこでサガミオリジナルを展開する相模ゴム工業は、社会人生活(特に恋愛)をより充実させるために、多くの社会人と対峙してきた受付嬢400人に、受付嬢ならではの視点で「(第一印象から)モテるサラリーマンの条件」を調査した。

 「(受付業務を行なっている中で)第一印象でビジネスマンの仕事の出来・不出来が分かる?」という問いに、75%の女性が

「分かる」「なんとなく分かる」と回答。そして、「どのポイントで分かるか?」という問いに、「丁寧な話し方」83%、「説明が分かり易く頭の回転が早い」77%とのこと。見た目ではなく話し方が大変重要なことが判明した。

 そして、ずばり「モテるサラリーマンの条件は?」という問いに対して、8割以上の受付嬢が「清潔感がある」85%、「仕事ができる」83%、「面白い話ができる」81%を条件としている。ちなみに、「オンもオフも充実している」「さりげなくお洒落」「目を見て挨拶(会話)ができる」の3つも6割の女性が支持している。また、より深く踏み込んだ質問として、「第一印象だけで“この人に抱かれたい”とピンときたことがあるか?」を尋ねたところ、約3割の方が「ある」と回答し、第一印象だけで身も心も許すという実態が明らかになった。ところで、約2割の方が実はその男性に対して、「(抱かれたいという)サインを送る」とのこと。気付けるか、勘違いしないか難しいところ!?

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/headline/detail/fuji-zak20100325018/1.htm

2010年3月24日 (水)

目指せ、弁当男子!

去年の流行語にもなった“弁当男子”。会社のランチタイムに自作のお弁当を持っていくなんて、社会人として余裕がある感じがして憧れちゃいます。外食よりも体によさそうだし。でも、早起きが苦手なボクのような人間には、お弁当ってかなりハードルが高い存在。夜の家事でなんとかできないものでしょうか…。

「すでに夕食を自炊している人なら、お弁当を作るのは簡単。夕食と一緒に仕込みを済ませてしまえば、お弁当のために使う朝時間は数分で済みます。前日の残り物をアレンジしたり、作り置き&冷凍したものを使い回すのも時短のポイントです」

こう教えてくれたのは、テレビや雑誌で「食」「健康」についてのコラム執筆やレシピ提供をしている、管理栄養士の柴田真希さん。確かに、学生時代に母親が作ってくれていたお弁当にも、前の晩の残り物が結構入っていたような…。あれはサボっていたんじゃなく、時短だったんですね。母さん、ありがとう!

そんな柴田さんに、前日の残り物をアレンジしたおすすめのお弁当を聞いたところ、以下のような1週間のメニューを提案してくれました。

【月曜日】「塩カルビ丼と切り干し大根」
豚バラ肉とネギのざく切りを市販の塩ダレで絡め、クッキングシートの上に広げます。その後、オーブンレンジのグリル機能で10分程度焼けばできあがり。事前に冷凍保存しておいた雑穀ごはんをレンジで解凍して、焼いた豚バラ肉を上にのせれば、ビタミンやミネラル、食物繊維も豊富なお弁当に。作り置きした切り干し大根を加え、お漬物やミニトマトを添えると彩りがよくなります。

【火曜日】「鮭ののり弁」
夜のうちに鮭を焼いておき、朝は解凍したごはんの上に、のりと作り置きのきんぴらごぼう、鮭をのせるだけ。きんぴらの味付けは市販のめんつゆを使えばさらに簡単!

【水曜日】「ハンバーグとひじきの煮物」
作り置きのハンバーグとひじきを解凍して、ごはんと一緒に詰めましょう。作り置きのハンバーグは、小さめの40~60g程度で、夕食がハンバーグのときに一緒に作ります。ハンバーグは焼いてから冷凍すれば、1カ月程度はおいしく食べられます。

【木曜日】「鶏とほうれんそうのパスタとじゃがいもサラダ」
夕食でから揚げを作った翌日にオススメ。100円ショップなどで購入できるレンジのパスタ調理器を使い、パスタと一口大のじゃがいもを同時に加熱。ゆで上がったら、じゃがいもを取りだし、ドレッシングやマヨネーズで絡めてサラダのできあがり。パスタは鶏のから揚げとほうれんそうなどの具を絡めて味付けし、30秒くらい再度レンジで加熱すればOK。

【金曜日】「卵のココットとピラフの焼き野菜添え」
夜のうちにツナや野菜などの具を塩、こしょう、コンソメ、バターひとかけと一緒に炊飯器に入れて通常の炊飯モードで炊けば、ピラフは完成。朝は卵を耐熱カップに入れてチーズをのせ、野菜と一緒にオーブンレンジで焼き上げればOK。

メニューだけ見ると、「ボクにできるの?」と思ったけど、実際に作り方を聞いてみるとハードルが下がりました。包丁やガスコンロをあまり使わないでできるメニューばかりだし、作り置きおかずも効いています。栄養バランス的にはどうなんでしょう?

「男性が食べたいものを詰めると、肉やしょうゆ味のおかずばかりで、つい茶色いお弁当になりがち。まずは難しいことを考えず、見た目のよいお弁当を目指しましょう。彩りのよいお弁当の方が、栄養バランスもとれているものなんです。詰めながら赤・緑・黄色がそろっているか確認して、適宜ミニトマトやレタスなどをプラスしましょう」
それくらいならボクにもできそうです! よーし、明日からは夜の家事にお弁当作りをプラスして、立派な「弁当男子」になるぞ!

(R25編集部)

(MSN産経ニュース、http://topics.jp.msn.com/life/article.aspx?articleid=248884

“キムタク月9”に豪華キャスト 

Tnr1003240601000p2

 SMAPの木村拓哉(37)主演の4月期フジテレビ系月9ドラマのタイトルが「月の恋人~Moon Lovers~」に決まり、女優、篠原涼子(36)が出演することが23日、分かった。篠原の連ドラ出演は3年ぶりで08年の出産後初。映画「レッドクリフ」のヒロインを務めた台湾の女優、リン・チーリン(35)が日本ドラマ初出演を果たすほか、松田翔太(24)、北川景子(23)と主演級俳優が揃った。

“キムタク月9”の豪華共演者が決まった。木村演じるインテリア業界で急成長を遂げるクールな敏腕社長をめぐり篠原、チーリン、北川の3人の女性、さらに松田もからんで恋の五角関係の火花を散らせる。

 「月の恋人」(放送開始日は未定)で、00年のTBS系「Beautiful Life」以来10年ぶりに本格ラブストーリーに挑む木村は、「スタッフ、共演者の皆さんとできる限り充実した現場を楽しみたい」と気合が入る。

 篠原は木村社長のもとで現場を取り仕切る有能なインテリアデザイナーの役。社長とは学生時代から交流があるが、内に秘めた思いを抱き続けている切ない大人の恋心を表現する難役だ。

 05年に俳優の市村正親(61)と結婚し08年5月に長男を出産。出産後のドラマ出演は昨年9月放送の日本テレビ系単発「働くゴン!」だけで、連ドラ出演は07年の日テレ系「ハケンの品格」以来となる。

 木村との顔合わせは97年のフジ系「ギフト」以来、実に13年ぶり。「理想の女性上司」アンケートで1位に輝くなど女性から圧倒的人気を誇る篠原の満を持しての連ドラ復帰が、視聴率男との共演。「大変楽しみ。ご覧いただく皆様にも楽しんでもらえるよう頑張りたい」と張り切っている。

 チーリンは日本ドラマ初進出。モデルとして台湾では大スターだが、日本では08年公開の中国映画「レッドクリフ」(ジョン・ウー監督)で知名度がアップ。昨年SMAPが発売した曲「そっと きゅっと」のPVに出演しており、木村とは既に接点がある。

 社長が心を開いていく中国人役で「本当に夢のようです。まさか自分が日本のドラマに出演する立場になるなんて今だに信じられません」と感激している。

 共演陣の豪華さに国際色と新鮮味が加わり、スケールの大きいラブストーリーが展開しそうだ。

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/100324/tnr1003240601000-n1.htm

2010年3月23日 (火)

ウッズ、妻に135億円の謝罪金

 不倫騒動を経て、マスターズ(4月8日開幕)で復帰することを発表したタイガー・ウッズ(34=米国)が、エリン夫人に対し、3億ドル(約270億円)で謝っていたと、21日の英サンデー・エクスプレスが報じた。夫妻に近い関係者の話という。それによると、ウッズはまず謝罪金として1億5000万ドルをエリン夫人に支払い、さらに今後2年間、結婚を維持できた場合に、さらに1億5000万ドルの「ボーナス」も約束しているという。
 また、ウッズは米スポーツ専門チャンネルESPNのインタビューに応じ、「偽りの人生を生きていた」と自己批判。復帰戦となるマスターズについては「正直に言うと、少し緊張している。試合では、パラパラッと少しばかりの拍手が聞けたらいいなと思う」と話した。加えて、「治療をやめるということではない」と、プレーしながらセックス依存症の治療を続ける考えを示した。

(niftyニュース、http://news.nifty.com/cs/sports/athleticdetail/nikkansp-p-sp-tp2-100323-0003/1.htm

トキ、別のペアも求愛行動

Trd1003222233009p1

 繁殖に向け巣作りをしているトキ2組が確認された新潟県佐渡市で22日、新たに別のペア1組が求愛行動を示す擬交尾をしている姿が撮影された。

 環境省は中国からもらい受けたトキの子孫を繁殖させて平成20年から放鳥。21日、放鳥した29羽のうち2組のペアの巣作りを確認したことを発表した。

 今回撮影されたのはこれとは別のペア。木の上で雄が雌の背中の上に乗り、くちばしを合わせ、約10秒間2度にわたって擬交尾していた。本格的な繁殖期に入りさらにペアが誕生する可能性があるという。

(MSN産経ニュース、http://sankei.jp.msn.com/life/trend/100322/trd1003222233009-n1.htm

2010年3月22日 (月)

男性がうんざりする女性の10の行動

男女の考え方の違いについて的確に指摘しているリストが話題になっている。女性情報サイトWoman’s Dayが『男性をうんざりさせる10のこと』として、女性がやってしまいがちなことを、女性視点で紹介している。

このリストは好ましいコミュニケーションを育む手助けとして、活用するように筆者のブレンダン・タプリーが綴っている。内容は以下の通りだ。男性は以下に挙げられている場面で、うんざりするという。

1.表面的な態度をとりながら、男性のことを後付けで判断する女性

男性の単純な行動や言動に対して、女性はより複雑な判断をするものだ。例えば、彼氏が嘘をついていると見抜いている時でも、自分は本音を明かさずに騙されているフリをして、後から友達に「彼が嘘をついた。ひどい」と判断を下す。逆の場合もある。本当は喜んでいるのに、その場では喜びを表さず、後からその喜びを他人に伝えるなど。即、感情を示さなかったり、即座に自分の意見を言わないことはかえって男性を混乱させる。

2.自分がして欲しいと思うことを、相手(男性)が分かっていると誤解する

男性は時々、女性が考えていることに対して、極端に臆病になることがある。場合によっては、気を回しすぎて女性がして欲しいことと真反対のことする時さえある。しかし、常に相手がいつでも自分のして欲しいことを理解しているとは限らない。時には正直に要求を伝えることが大切だ。

3.男性を子供扱いする女性

女性の方が男性よりも精神的に成熟している部分がある。特に若い年齢では、女性の方がはるかに大人の考えを携えているものだ。しかし、だからと言って、男性を見下してはいけない。また子供扱いしてはいけない。年齢の近いカップルなら特に、男性は子供扱いされることを好まない。

4.優越感に浸る女性

最近の男性は控えめな傾向にあるが、それに乗じて、男性を見下す女性が増えている。また、他人の夫や彼氏にまで、その視線を向ける女性までいる。仮に、自分の彼氏を誇らしく思っていても、そのことで他人より優っていると考えてはいけない。自分と付き合っている(結婚している)ことで、彼女が他人に対して優越感に浸っていると察したら、男性の気持ちは急激に冷めていく。

5.何でもかんでも共有したがる女性

とにかく何でも共有しないと気が済まない女性がいる。『いつ』『どこで』『誰と』『何を』『どうした』と、事細かな情報を共有したがったり、個人的な趣味の所持品まで一緒に使うことを要求したり。男性は共有したがることに不満を持つ人も少なくない。2人の間に隠された部分が少ないほど、より分かり合えるのも事実である。しかし、男性は『秘密』と『忠誠』を大切にする側面がある。男性が秘密を持つことに、ある程度許容することが重要だ。秘密を認めてくれる女性に、男性は安心感を感じる。そして忠誠を示すようになる。秘密と忠誠はセットで考えると良い。無理に共有を強いると男性は嫌がって遠ざかろうとする。

6.話を聞かない女性

非常に多くの女性が自分はヒロインであると考えて、男性に対して人生の物語の協力者であると感じている。しかし、誰もが自分の人生の主役であることを忘れてはいけない。女性がとめどなく話し出す時、男性は時々反論や相槌を入れるのを諦めて、ただ聞かされる姿勢をとるようになる。男性も人生の主役であることを思い出して、注意したいものだ。

7.断りもなく予定を決定する女性

自分の中には明確な計画が立てられているが、相手(男性)にはその承諾をとらない場合がある。そして、その予定が思い通りに行かないとヘソを曲げてしまう女性がいる。計画が苦手という男性は、女性が細かく予定を組んでくれることを受け入れるが、先を急ぐあまりに、相手(男性)に何も告げないまま、計画が進行することに対して男性は嫌がるものだ。急ぐ時でも、一言は断るべきである。

8.ずっと先の将来まで思い描いている女性

女性のロマンチックな側面が、男性を疲れさせる。それは、今、目の前の現実からはるかに遠ざかり、手の届かないようなずっと先の将来にまで、夢を描いてしまうことだ。結婚もしないうちから、結婚後の生活のことを聞かされたり、老後の話を聞かされると、男性は現実とのギャップにうんざりする。ロマンチックに浸り過ぎて、目の前のことを置き去りにしないように。

9.男性の気遣いを当たり前のように思う

なかなか気の利かない男性に対して、女性は軽視する傾向がある。しかしそういう男性ほど、自ら進んで気を遣った時には、女性のことを良く見ているものだ。普段は自分から何もしようとしない男性が、思い出したようにプレゼントをくれた時には、決して見逃してはいけない。そういう時に『やれば出来るんだ』といった気持ちで接していると、男性は『いつもそう自分を見ている』という風に判断を下してしまう。そして、男性にとっては、見下されていることを確認したに過ぎなくなってしまう。ささやかな気遣いを当たり前だと思ってはいけないのだ。

10.友達との時間を、2人の関係より優先する

友情は男性女性を問わず重要である。しかし、それがあまりにも過ぎると、関係は冷たいものへと変化して行ってしまう。特に男性は尊厳を重んじるので、自分との約束を後回しにされたり、軽率に扱われるとうんざりする。男性にも同じことが言えるのだが、関係はどんな人との間でも、常に平等であることに努めるのが、その人の信頼に繋がる。

男性にも当てはまるものも少なくない。快いコミュニケーションを持つために、お互いに気をつけたいものだ。

(MSNトピックス、http://topics.jp.msn.com/life/column.aspx?articleid=248622