« 「3人乗り自転車」普及進まず  | メイン | 「ボカシ」から見える報道の思考停止状態 »

2009年12月 8日 (火)

アストンマーチン ラピード

B1b8d81be0264da8a43cb36396abe30b

アストンマーチンは4日、新型車『ラピード』(RAPIDE)の価格を発表した。英国では13万9950ポンド(約2100万円)からの設定で、デリバリーは2010年4月ごろ開始される。

新型ラピードは、9月のフランクフルトモーターショーでデビュー。アストンマーチンにとって久々の4ドアモデルで、世界で最もエレガントで機能的、ラグジュアリーな4ドアスポーツカーをテーマに開発された。

外観は、『DBS』や『V8ヴァンテージ』などと同様に、ひと目でアストンマーチンとわかるアイデンティティを保ちつつ、クーペのように流麗なフォルムを持つ4ドアボディを構築。ボディサイズは全長5019×全幅2140×全高1360mmで、ポルシェ『パナメーラ』(全長4970×全幅1930×全高1417mm)と比較すると、ラピードは49mm長く、210mmワイド、57mm背が低い。

エンジンは『DB9』と基本的に共通の5935ccのV12で、フロントミッドシップにレイアウト。最大出力477ps/6000rpm、最大トルク61.2kgm/5000rpmを引き出す。トランスミッションは「タッチトロニック2」と呼ばれるパドルシフト付きの6速AT。0‐100km/h加速は5.3秒、最高速は303km/hと、4ドア屈指のパフォーマンスを発揮する。

独立4シーターのキャビンは、レザーやウッドなど最上の素材を厳選し、非常にラグジュアリーな世界を表現。バング&オルフセン製オーディオや後席用のツインDVDスクリーンなどを装備し、快適な移動空間を演出する。

新型ラピードは、エンジンをアストンマーチンの英国工場で、1基1基ハンドメイド生産し、車両の最終組み立ては、オーストリア・マグナシュタイア社のグラーツ工場に委託。年間生産台数は、約2000台を計画している。

(MSN自動車、http://car.jp.msn.com/new/news.aspx/root=au002/article=18529/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/396974/22536917

アストンマーチン ラピードを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿